diy雨漏り修理-diy屋根修理

屋根が滑りやすい季節があります注意して下さい

屋根が滑りやすい時期がありますので、ご自分で屋根に上る時は十分注意してくださいね。

本日からお邪魔させて頂いております山間部の屋根は釉薬瓦シルバー色を使用しております。30年前後の釉薬瓦は貫入の手助けもあり、簡単には滑りません。

ところが、、、

写真の雨漏り応急処置工事は、3月に施工させて頂いたのですが、何故か良く滑る屋根で地下足袋の不備か摩耗か?色々考えておりましたが、結論が本日に至るまで出せませんでした。

 

3月期に比べ各段に滑らなくなっております。ここから考察し、本日ある事実に気付きました。

 

それは、

山間部故の杉花粉の飛散と停滞

 

もうこれで間違いないと思われます。

3~4月に杉花粉が関西では大量に飛散しますので、花粉の停滞している屋根は滑りやすくなるという事で結論付け致しました。

私の様な施工業者は、どの様な屋根でも初めの一歩で摩擦係数を体感して登りだすのですが、
もし、ご自宅の屋根に上らざる得ない理由が出来た方は、お住まいの地域に準じまして、花粉が飛散して屋根に停滞する時期は慎重に慎重を重ねて下さるようお願いいたします。

(※本当に危険です※)

 

花粉が飛散する時期はこちらのサイト様を参考にさせていただきました。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.html

 

この時期は上記写真の様な、地下足袋装備・付帯物無しでも危険ですので注意して頂きたいと思います。

 

どなた様に限らず無事ご家族の元に帰れます様に。私も山間部屋根の3~4月期の点検などは、今以上に充分気を付けたいと思います。

 

 

 

 

 

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. DIYでも出来る銅製谷の強化
  2. 銅のテープで雨漏り応急処置
  3. 壁際の雨漏りと棟瓦の応急処置方法を動画で説明致します。
  4. 瓦屋根雨漏り原因色々(修理・補修)方法 瓦屋根雨漏り原因色々(修理・補修)方法
  5. 古い瓦屋根の雨漏り。(諦めていませんか?)
  6. クーラー取り付けに関する注意点
  7. 雨漏りではなく、小動物の排泄物や反響音
  8. 棟瓦を板金で覆う工法のご紹介

おすすめ記事

  1. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  2. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  3. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  4. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  5. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
PAGE TOP