宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続ける瓦屋根修理職人!

宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続ける瓦屋根修理職人!

宇陀市での現場を頂いた時に丁度爆弾低気圧に見舞われまして自分の応急処置技術が追いつかない事に打ちのめされされました!そこから改善に向けて今に至ります!感謝させてください!
宇陀市の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続ける瓦屋根修理職人!
宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続ける瓦屋根修理職人!

奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断 2012.2.6

屋根工房きのした親方に使わせて頂いております

御閲覧感謝致します!本日は雨天も相成り、奈良県宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断をさせて頂きました。

築30年前後の屋根で、大屋根勾配3寸2分 下屋根勾配3寸5分(和型・日本瓦適合勾配) 熨斗瓦3段 5寸紐丸納めの切妻屋根、総㎡数108㎡(33坪)で塩害(沿岸部の塩による酸化劣化無し)、凍て凍み瓦無し(山間部宅地造成分譲地といえども瓦はまだ使えます)強風時のケラバ大袖の浮き無し、小袖も無し、地瓦雨返し有り、埃堆積による毛細管無し、施工時の鳴き割れ一部確認(熨斗瓦)という外観になります。

今回雨漏りしている原因は、こちらです。

奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断
奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断

右の屋根と左の屋根の地瓦のつなぎ目の不良による雨漏りです。左の屋根の棟頂上の地瓦は棟芯をとらえておりますが。右の屋根は棟芯を捉えておりません。この追い当ての不備は葺き土と熨斗勾配で調整を計っております故、熨斗瓦の勾配不良、熨斗瓦水平化は新築時からのガンと相成ります。本日御施主様に御説明させて頂いた内容通りとなります。

またこちらの写真

奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断
奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断

こちらは二か所目と三か所目の雨漏りを作り出した下屋根の雨漏りの原因です。大屋根と全く同じ理由となります。
またこちらのメンテナンス方法

奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断
奈良県・宇陀市の瓦屋根雨漏り修理診断

これは少し的外れで御座います。・・

では、統括させて頂きます。新築当時からの追い当て(棟頂上の瓦のつなぎ目)の不備による熨斗瓦の勾配不良による雨漏りです。
熨斗瓦は水平どころか、雨がまともに入る逆勾配になっておりました。熨斗瓦は、極端に言いますと八の字になっておりませんと雨は吐けません。
今回の御施主様の熨斗勾配はVの字になっております。(少々極端では御座いますが。)

この熨斗瓦勾配は、容易に雨水を内部に引き込みますが、次の問題は、地瓦の継ぎ目の甘さです。熨斗勾配不良を引き起こしている第一原因の地瓦の継ぎ目の粗さから侵入した雨水は屋根下地材を直撃します。

ここで漏水箇所が、棟直下であるという事を踏まえて考えますと、侵入した雨水は野路板上を走っていない、走れない理由があります。何故野路板上を走れないのか?・・・

おそらくは、瓦だけでなく、下地材木の折れ継も甘く棟頂上でUの字にへこんでいるものと思われます。

このUの字にへこんだ下地のルーフィングが耐え切れずに破れ、今回の棟直下の雨漏りを引き起こした物と診断させて頂きます。

野地板がしっかり施工されておりましたら、漏水個所は、もう少し下に発生致します。
肝心の追い当て瓦の不陸調整は、この様に致します。
(修理の折にはこちらの様にもう少し意匠的な流れ利き足寸法に調整致します。)

追い当て調整工事
追い当て調整工事

何れにいたしましても、葺き替える必要性は全くありませんので御安心下さい!

本日は当店に瓦屋根雨漏り修理診断を頂きまして誠にありがとうございました!

※関連記事はこちらからどうぞ

宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続ける瓦屋根修理職人!統括

宇陀市での雨漏り修理!安心を書き続けた瓦屋根修理職人!統括

雨漏り修理や屋根修理工事で最も大切な項目は工事価格を決定する前段階の調査精度と正当性に尽きると言い切れます。調査精度に付きましては十二分な作業経験に加えまして、どれだけ逃げずに自らの失敗に対処してきたか等の個人的な意志の蓄積でも培われて行きます。正当性に関しましては店舗理念を変化追及しつつも決して手放さない裏側の私念も共に大切で御座います。この様な両翼を在り成す為にはどの様な店舗の形態が望ましいかを私共は常に精査・具現化して現在に至ります。完全には及ばずとも全ての項目を明確化し懸命に安心をお伝えし続けると共に実際に大きな費用を掛けずに最大の費用対効果を無数にお届けして参りました。私共は大阪・奈良・兵庫・和歌山・滋賀・京都の現場を多数頂きまして屋根修理・雨漏り修理に特化を果たしました一次施工店で御座います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(私共は工事依頼を頂く際に屋根は目視が困難ですので正当・正確な調査内容を公開する現場レポートを2011.6~掲載を開始しています。相見積もり相調査もお気軽にご依頼くださいませ。施工可能エリア範囲でしたら無料にてお伺い致します。)

また、一般家屋の雨漏り原因は現在約88解明済。施工時の注意事項や日本の自然現象への考察記事が49。合わせまして137記事と極めて重要なこちらの業界の特徴などもお伝えしております。いつもありがとうございます!

私共の修理費用の相場

雨漏り調査にお伺いした時その場で直りますような簡単な雨漏りから難しい雨漏りまで私共が皆さまにご提供して参りました修理費用の分布は¥15000~¥300000迄が70% /¥300000~¥500000迄が25% 調査費用(必要経費)を含めた全修理工事費用の約95%を占めます。

何れも雨漏りは100%完治済みです。(こちらは2011年からの統計)また全体補修やピンポイント補修の可能性等、複数の見積りを包み隠さずお伝えさせて頂いておりますのでご安心ください。

安心価格と責任工事を全ての方に

私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?こちらを掲げまして長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。

雨漏り調査や屋根修理調査を御依頼頂いた際には職人の責任者が直接に調査致しますのでその場で直る様な場合はその場で御直ししております。御老輩の御家庭や子育て中の御家庭を初め本当に沢山の御信頼を紡がせて頂いております。

こちらは私共の動画サイトのリンクとなります。

こちらの記事は屋根修理や雨漏り修理に必要な知識を7つに纏めさせて頂きました。お時間がございましたら是非ご活用ください!

Posted by 鈴木 大輔