2016年09月29日

全水量垂れ流しからの雨漏り

全水量垂れ流し雨漏り・大阪府
全水量垂れ流し雨漏り・大阪府

こちらの記事の内容は大屋根全水量垂れ流しからの雨漏り考察記事となります。
写真の屋根は、増改築の際に出来た二分された屋根の形態となります。

この様な形態の屋根は大屋根の雨水の排水を緩勾配のアスファルトシングル屋根に流しますから勾配の緩い屋根では排水可能量を大幅に超えてしまいますので雨漏りしてしまいます。逆の形でしたら雨漏りはしません。

この屋根の様なケースでは、晒し銅板屋根ではなくて溝谷といいます板金で出来た部位を凹みを付けて併設して改築の際出来た屋根と大屋根を分化して雨水を流しますと安全ですね。また緩勾配の屋根の屋根材はアスファルトシングル屋根材ではなく板金屋根にしておけば雨漏りしなかった屋根となります。むしろこちらの方が優先順位は高いです。

全水量垂れ流し雨漏り・兵庫県
全水量垂れ流し雨漏り・兵庫県

こちらの写真のケースでは大屋根の水量をベランダ防水塗膜に垂れ流した際に発生した雨漏りの事例となります。雨の中に混じる不純物による摩耗が促進されますので直接床面に雨水を流すのではなくて、外部の雨樋につなげる工事をさせていただきました。

全水量垂れ流し雨漏り・パラペット
全水量垂れ流し雨漏り・パラペット

こちらも大屋根の水流をそのままパラペット屋根ドレン(排水口)際に収めておりますがドレン廻りが詰まれば簡単に壁際の立ち上げから大漏水を引き起こしてしまう事例となります。ただ、構造上どうしようも無いケースもありますのでこまめな点検と清掃を心掛けて頂きましたら、大きな費用の出費は抑える事ができます。

少しの配慮と雨漏り発生の現場経験さえあればこの様な雨漏りは発生しにくくなりますね。

御閲覧頂きましてありがとう御座います。(^^;)