地瓦の凍て割れからの雨漏り

地瓦凍てからの雨漏り

地瓦凍てからの雨漏り

こちらは、昨年の現場の写真となります。
この現象は地瓦の裏側が凍て割れを起こし、埃堆積も相まって毛細管現象で瓦尻に細工してある水返しを超えて雨漏りした後です。

こちらの現場で学んだ事は、このタイプの雨漏りは流れ行き(屋根の縦方向の長さ)を軽く無視して来る事ですね。屋根の勾配も3寸5分ほどあったはずなんですが、それも無視して来ました。

ですから棟からの漏水と勘違いしがちになるので注意が必要です。

写真の様に漏水の始点が棟からで無いのは明らかですので山間部に居をお持ちの方は是非知っておいて下さい。

この雨漏りは掃除と瓦の交換で直ります。この屋根に全面コーキングしますと一次的に雨漏りはとまりますが、根本が直っていませんので再漏水しますのでその時には通気が取れていない状態ですから凍て割れは加速度的に進行致します。

ご注意下さいませ。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。