外壁面配管からの雨漏り(現場・兵庫県・大阪府)

2022.09.09

屋根工房きのした親方に使わせて頂いております

こちらの記事では外壁面配管からの雨漏りをご説明させて頂こうと思います!(写真撮影の現場は兵庫県と大阪府になります)宜しくお願いします!

先ずはこちらの写真を御覧下さい。こちらの写真は外壁面に電線這わして固定している写真となります。

外壁面配管からの雨漏り(兵庫県・神戸市)
外壁面配管からの雨漏り(兵庫県・神戸市)

またそれが原因で外壁面配管から雨漏り引き起している写真となります。配管の種類は今回は電線でございましたが主にクーラー配管の比率が高い傾向にあるようです。

外壁面配管からの雨漏り(兵庫県・西宮市)
外壁面配管からの雨漏り(兵庫県・西宮市)
大阪府尼崎市での雨漏り調査(壁の配管)2022.9.8
大阪府尼崎市での雨漏り調査(壁の配管)2022.9.8

こちらの雨漏りの直接的な問題は配管を固定するビスにあります。

配管と壁面の間に隙間が無く風圧の伴う雨が配管上部から流れ落ちてくる際にこの箇所が雨水を堰き止めます。施設当時でしたら多少の隙間がありますので雨が逃げていくものの経年と共に溜まっていく埃や後に施工する塗膜によってこの隙間を完全に埋めてしまった時に壁面を貫通しているビス穴目掛けて雨が浸入してしまうからで御座います。

屋根工房きのした親方に使わせて頂いております

改善方法はビス穴の処理と共に壁面の隙間を確保する事で雨漏りは直ります。新しくクーラーを買い替える時に増改築時に配管を施設する際には少し注意してみると良いかもしれませんね。

ありがとうございました!

2022.09.09

Posted by 鈴木 大輔