寄棟水落とし調性不備からの雨漏り

こちらは寄棟水落とし調性不備の雨漏りの考察記事となります。
先ずは写真を御覧下さい。

大阪府の寄席棟雨漏り

大阪府の寄席棟雨漏り

写真は瓦屋根寄棟の内部の写真となります。この部位の被せ側の追い当て瓦。上の瓦より下の瓦の方が小さいですね。青線は実際の雨の流れ方です。風圧が掛かれば青線はもっと上部に上がって参ります。この時、雨水を受けるべき瓦がありませんので雨漏り致します。

またこちらの写真。

大阪府の寄棟瓦屋根雨漏り

大阪府の寄棟瓦屋根雨漏り

棟の熨斗瓦と地瓦との隙間が無く(少しはありますが・・漆喰で埋まっております。)隙間が無いという事は、地瓦からの雨だけでは無く棟からの雨も集約してしまうという事ですね。局所的にですが水量が上がってしまうという事で御座います。

この所為の為、修理時に直か?起くりか?反らすか? 面土の美観を考慮した場合非常に悩む箇所で御座います。

開きのある仕舞いの場合

京都府のシミズ瓦屋根

京都府のシミズ瓦屋根

谷で飲ますか?冠り瓦での美観を取るか?も非常に悩むところで御座います。

兵庫県の寄棟瓦屋根雨漏り

兵庫県の寄棟瓦屋根雨漏り

これらの考察は、棟幅が広くなれば多少の緩和もできますが、瓦屋根の寄棟の雨漏り修理には必須ですので絶対に覚えておかなければなりません。

漆喰とシリコンコーキングでは完全な修理は難しいという理由の一つでも御座います。
3階建てや強風を伴う地域ではもう一つ踏み込んだ細工も必要で御座います。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3