屋根の谷部分漆喰塗り過ぎによる雨漏り

昔から近畿地方で鎮座し続ける谷漆喰の塗り過ぎからの雨漏り考察記事です。
この谷の漆喰も要注意項目です。

大阪府の谷漆喰塗り過ぎ雨漏り

大阪府の谷漆喰塗り過ぎ雨漏り

屋根の谷部分とは、亜鉛メッキ鋼板(トタン)や銅板、谷コイル、ステンレスなどで形成されております。

谷瓦とは(切って調性する事が前提)ですので小さな瓦も混在致します。

小さな瓦を安定させる為に土を置き化粧として漆喰を塗っている屋根が殆どですが、この最後の漆喰の出面が雨を呼び込んで参ります。

基本的に切った谷の瓦には垂れが無く水を切る機能が低いので屋根の勾配にも左右されますが、瓦の裏側にも必ず雨が廻ります。

屋根勾配が適合3寸ぎりぎりで尚且つ流れ行きが長い場合が最も危険で水下はもとより水上も雨に廻られる危険性があります。

谷漆喰を多く塗ると危険ですので御留意下さいませ。(出面を最低限守り雀口代わりの漆喰でしたら問題御座いません。)

奈良県の谷漆喰塗り過ぎ雨漏り

奈良県の谷漆喰塗り過ぎ雨漏り

雨に廻られて剥離した漆喰はやがて樋に溜まり、谷廻りの雨漏りだけでは無く入り隅の樋からオーバーフローして下屋根まで雨漏りするケースも御座います。(強烈な余剰水量が発生し直にした屋根に当たるからですね。)

奈良県の谷樋交換工事

奈良県の谷樋交換工事

こちらは谷の漆喰が一切無い谷の施工です。
谷の漆喰は塗らない方が屋根の為には良いと覚えていてくださいませ。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3