2020年06月16日

大阪市東淀川区の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

大阪市東淀川区で頂きました雨漏り修理や屋根修理!の現場レポートです!私共の修理経験や技考察の全てを何時もお伝えしております。

大阪市東淀川区の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

私共は職人の直営店。安心価格と安心調査を何時もお届けしております。
私共は職人の直営店。安心価格と安心調査を何時もお届けしております。


長年培って来ました伝統の職人技術です。😊


雨漏り修理に使用した手作りステンレスフードです。😊


DIYで雨漏り修理をする時の参考動画となります。😊

私共、屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?を理念と掲げ、長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。ホームページは2011年6月から更新し続け、皆々様が末長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。雨漏り調査や屋根修理調査を御依頼頂いた際には、職人の責任者が直接に調査致しますのでその場で直る様な場合はその場で御直ししております。御老輩の御家庭や子育て中の御家庭を初め本当に沢山の御信頼を紡がせて頂いております。

~これだけを知っていれば職人さん!!屋根修理7つの極意!~
①大阪の瓦屋根修理職人が伝える雨漏り修理の適正費用!最新版
②DIYでお役立ち!雨漏り修理情報
③屋根を葺き替えないと雨漏りは直りませんか?
④ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
⑤屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?最新版!
⑥ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?最新版!
⑦スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策

(目次)
東淀川区の瓦屋根修理調査2020.6.1
セメント瓦から金属屋根へ2020.5.15
瓦屋根修理調査2020年2月22日
棟瓦の積み直し工事2020年2月22日
セメント瓦の修理調査2020年1月9日
大阪市東淀川区での瓦屋根修理再調査2019年12月6日
梅雨時の雨漏り応急処置工事2019年7月3日
台風21号後の雨漏り調査へ東淀川区にて2018年10月8日
雨漏り調査東淀川区にて2018年7月7日
屋根修理 東淀川区にて2017年11月4日
波板の交換工事(大阪市東淀川区)2017年8月3日
雨漏りから暮らしを守ろう(東淀川区の修理診断記事)2017年4月30日
雨漏り修理診断・大阪市東淀川区にて(原因はボール)2012年8月16日

東淀川区の瓦屋根修理調査2020.6.1

大阪市東淀川区の瓦屋根修理調査
大阪市東淀川区の瓦屋根修理調査

以前に瓦割れを修理しました施主様から
もう一度どこまでメンテナンスを施せばよいか教えて頂きたいと御連絡を頂きましたので屋根の上らせて頂きました。

修理工事は大阪地震と台風21号の前でしたのでそれ以降に変化は無いかの点検を兼ねて登らせて頂きました。

大きなお損害はほとんど見当たりませんでしたが、もし手を入れるとするならばやはり一番劣化が進む棟瓦となりますので、今の建材を使用した棟瓦の積み直し工事をお勧めさせて頂く事に成ります。

この度も私共に御信頼をお寄せくださいまして誠にありがとうございました😊。

セメント瓦から金属屋根へ

大阪市東淀川区の板金屋根工事
大阪市東淀川区の板金屋根工事

セメント瓦から金属屋根への葺き替え工事をさせて頂きました。
使用金属はガルバニウムです。
これでまた20年位はメンタンスは必要なくなりました。

この度は御信頼をお寄せくださいましてありがとうござました。😊

瓦屋根修理調査2020年2月22日

瓦屋根修理調査・大阪市東淀川区
瓦屋根修理調査・大阪市東淀川区

大阪市東淀川区にて瓦屋根の修理調査にお伺い致しました。

同日に東淀川区にて現場作業をしておりましたので、夕刻にお伺い出来るというお施主様にとりましても、私共にとりましても都合の良い御連絡と相成りました。(^^;)

お施主様のご質問は下記の通り

①天井の染みが動物による糞尿後なのか雨漏りなのか?

こちらは雨漏りであると判断させて頂きました。

②漆喰工事は必要かどうか?

棟瓦全体の様子から、漆喰工事ではなくて棟瓦の積み直し工事を御提案させて頂きました。

③地瓦平部にシリコンによる緊結工事が必要かどうか?

野地に貼ってある二次防水はルーフィングではなくて自然素材のトントン(杉材)ですから土の剥離が起こり難く、尚且つ土量も充分で殆ど竣工時からズレていませんので、必要ありませんとお答え致しました。

④庇の音害の原因は何ですか?

こちらは二階部分と一階部分の庇の出の違いから起こる音害ですので防音材を一階の庇に置いておけば良く、屋根瓦の不備で雨水が溢れているのではありませんとお伝え致しました。

この度は私共に御声を掛けてくださいまして、誠にありがとう御座いました。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ こちらはその時の動画となります。

棟瓦の積み直し工事2020年2月22日

棟積み直し工事・大阪市東淀川区
棟積み直し工事・大阪市東淀川区

大阪市東淀川区ににて棟瓦の積み直し工事を致しました。5年前に施した応急処置は持ちませんでした。こちらの結果からすでに再考を初めております次第です(^^;)

葺き土は水シャットと言います南蛮漆喰を使用しまして、緊結と防水を兼ねた内部コーキングを施しております。

この工法の成果は先の台風21号による風害と大阪地震規模の震災では問題無く機能している工法の一つで御座います。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ こちらはその時の動画となります。

セメント瓦の修理調査2020年1月9日

大阪市東淀川区にてセメント瓦の修理調査にお伺い致しました。
雨漏りに対する応急処置(ブルーシート)施設は拝見した所2回程施工されております。

今回の御依頼の肝は修理で直りますか?という事でありましたが
雨漏りの原因は毛細管雨漏りでありますから一度瓦を外しながらの清掃が必要であります。

ただ、屋根材が薄く、清掃後の葺き戻し作業は屋根材自体の割れが無数に生まれる可能性がありますので、誠に心苦しいのですが葺き替え工事が良いと判断させて頂きました。

この度は私共に御声を掛けて頂きまして、誠にありがとう御座いました!!

(⋈◍>◡<◍)。✧♡こちらはその時の動画となります。

大阪市東淀川区での瓦屋根修理再調査2019年12月6日


本日は4年?位前ですか。
私共が雨漏りの仮処置をした瓦屋根の再修理調査にお伺いしておりました。

防水紙は破れて一杯一杯でしたけど、なんとか雨漏りだけは防いでくれていた様で
ホッとしながら喜んでおりました。

実工事は当時のままの考察で行わせて頂こうと思います。
私共を覚えていて下さって誠にありがとうございました!!

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ こちらはその時の動画となります

梅雨時の雨漏り応急処置工事2019年7月3日


アスファルトシングル屋根からの雨漏り応急処置工事を致しました。
仕様した建材は
屋根用ルーフィング
シリコン
胴縁(木材)
ビス
以上4点です。ビスと胴縁はケラバ際に使用し、出来るだけ穴が開かない処置をさせて頂きました。(^^;)

こちらが完成写真です。(^^;)

毎回私共に御声を掛けて頂きましてありがとう御座います!!

(`・ω・´)ゞ

台風21号後の雨漏り調査へ東淀川区にて2018年10月8日


まだまだ、台風被害で雨漏りしてしまった皆様への調査が続いております。
順番をお待ち頂きまして東淀川区の雨漏り現場へと到着致しました。
経年劣化もさることながら、やはり強雨による被害は甚大です。
今回の御提案は家屋の経過年数と相談しながら、指定限度で止水するお約束をさせて頂きました。

今暫くの御辛抱の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
m(__)m

雨漏り調査東淀川区にて2018年7月7日


大阪市東淀川区にて雨漏り調査にお伺い致しました。
先の地震にて雨が漏るという状況を超えまして、雨が部屋内に降る。
この様な状況で御座います。


取り敢えず瓦の並びを整えまして、雨が降らない状況に致しました!
これで、安心してまたお休みして頂く事適います。
ありがとうございました!!

屋根修理 東淀川区にて


大阪府東淀川区にて今回の台風21号によって飛散したパラペット鋼板笠木の修理調査にお伺い致しました。

こちらもやはり鉄生釘使用で強度的な問題は残ってましたが、
風向きによってこの年代まで弊害が出なかった、
いわば立地に助けられていた状態でした。

直ぐに笠木を元に状態に戻しました。
使用した緊結材はステンレスパッキンビスです。
下地が脆弱でしたけど取り敢えずの安心をお届け出来た事をとても嬉しく思っております。
この度も私共に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました。

波板の交換工事(大阪市東淀川区)2017年8月3日)

大阪市東淀川区にて波板の交換工事をさせて頂きました。

当初は破損個所のみ修理という御要望でありましたが、
施主様、熟考後に全交換への変更と相成りました。
経過年数は不詳でありましたが、塩ビ波板の耐久限度は超えており、最善の選択だったと私も思います。

全ての波板を交換致しました。強化プラスチックの波板とフックで再生しております。
また、独立したサンルーフでしたのでアルミアングル上部には鉄板ビスで補強も施しております。

この度は当店に御信頼を置いて頂きまして、誠にありがとう御座いました。
m(__)m

雨漏りから暮らしを守ろう(東淀川区の修理診断記事)2017年4月30日

大阪府東淀川区から雨漏り診断の御依頼を頂きました。
何時も本当にありがたい事で御座います。

施主様がご入居されて約一年。
最近になってポタポタと雨漏りするという事でお伺いさせて頂きました。


洋室の天井にはっきりと雨染みの確認が取れました。
現在はバケツで雨を受けておられます。
早速屋根に登りました。
一階屋根の様相から、原因は既に判明しておりました。 😥

雨漏りの原因は?
①面土漆喰の塗り過ぎ、重ね塗りと
②熨斗瓦の勾配不良
③追い当て瓦の不足←こちらが前オーナー様がすべき本当のメンテナンス
④シリコンによる棟内部の雨水の排出量低下
⑤内部土量過多は確認は現時点では取れません。

施主様がこのホームページをくまなく読んで頂いてくれてましたので
殆どの事象説明が短時間で終える事が出来ました。

😥 雨漏りがした時の一次メンテナンスは慎重に業者さんの選択をして下さいね。
この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。
m(__)m

雨漏り修理診断・大阪市東淀川区にて(原因はボール)2012年8月16日


お盆明けの最初の屋根雨漏りの診断を大阪市東淀川区にてさせていただきました。

写真で解ります通り、ドレン廻りテニスボールの詰まりによりますオーバーフローですが、経過年数30年塗膜劣化のハゼ(劣化塗膜は油性で回数は2回)鋼板笠木の腐食と凹み、鋼板自体のピンホールの有無、立ち上げ鋼板内部の腐食など、パラペットからの雨漏りは勾配もさることながら、上記全てを踏まえて考察診断しませんといけません。

今回は、0.35mmのカラー鋼板ですので御施主様とボールを撤去して次の豪雨まで様子を見ましょうと言う結果になりました。
本日は当店に雨漏り修理の診断御依頼誠にありがとうございました!!