猪名川町の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

猪名川町の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

猪名川町で頂きました雨漏り修理や屋根修理!の現場レポートです!私共の修理経験や技考察の全てを何時もお伝えしております。

猪名川町の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!
猪名川町の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

猪名川町の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

私共は職人の直営店。安心価格と安心調査を何時もお届けしております。
私共は職人の直営店。安心価格と安心調査を何時もお届けしております。

私共、屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?を理念と掲げ、長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。ホームページは2011年6月から更新し続け、皆々様が末長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。雨漏り調査や屋根修理調査を御依頼頂いた際には、職人の責任者が直接に調査致しますのでその場で直る様な場合はその場で御直ししております。御老輩の御家庭や子育て中の御家庭を初め本当に沢山の御信頼を紡がせて頂いております。

瓦屋根の修理調査2021.7.16

兵庫県・猪名川町にて瓦屋根修調査

猪名川町へと瓦屋根の修理調査にお伺いさせていただきました。
今回のご依頼は屋根に繁殖しております雑草の除去であります。
雑草を根本瓦除去するとともに、草に隠れている瓦屋根の修理も加味されたご提案となります。
非常に珍しいケースとなりますが、一生懸命頑張らせて頂こうと思います。

この度は私共にご信頼をお寄せ下さいまして、誠にありがとう御座いました。

こちらはその時撮影させて頂きました動画となります

富士スレート屋根の雨漏り調査2021.4.11

猪名川町での雨漏り修理調査

川辺郡猪名川町にて雨漏り修理の調査にお伺い致しました。
今回の屋根は富士スレートの2山タイプの屋根です。
雨漏りの原因は2018年に上陸した台風21号の時にしか漏れないということでしたので、考えられる原因は

①壁面に開けたアンテナ線の穴と
②壁際の屋根材の間隔が狭い事

この二つが挙げられます。屋根材の間隔は拡げる事が出来ませんので屋根材の下に二次防水の板金を敷き込めば良いのですが、それより水切り板金を多めに施設すれば同じ効果で費用負担も少ない旨をお伝えさせて頂きました。

この度は、私共に御信頼をお寄せくださいまして誠にありがとうございました😊。

間隔か狭いとどうなるの?地割り不備の雨漏り詳細はこちらです

棟瓦の修理工事2019年10月5日

猪名川町での屋根修理調査
猪名川町での屋根修理調査

兵庫県川辺郡猪名川町へと瓦屋根の修理に赴きました。
仮の応急処置で対処しておりましたので、屋根内部の痛みはありません。

自動車によって破損した隅棟瓦の修理は直ぐに完了致しました。

この度も私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました!!

棟瓦の雨漏りが表層だけの簡易処理では止り難い構造の説明もさせて頂いております。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ こちらはその時の動画となります

棟瓦の積み直し工事詳細はこちらから

スレート屋根の雨漏り修理2018年4月8日

足の甲の痛みが中々引かなかったので診療所のお世話になりました。
痛み止めの注射も効いてて、月曜日からまた頑張れそうです。

またしても雑感なんですが、
ちょっと太めでらっしゃる女性の方の雰囲気は凄く柔らかい方が多い。
なぜなんだろう・・・。
直ぐに昔のアニメ一発寛太君のお母ちゃんを連想してしまいます。😊

そんなこんなでスレート屋根に上りました。
現場は兵庫県猪名川町です。

猪名川町での雨漏り修理調査
猪名川町での雨漏り修理調査

今回はガラスネット製の明かり取りに穴が開いておりました。
本体自体もかなり薄くなっており。おそらくカラスがつついても簡単に穴が開く状態です。

猪名川町での雨漏り修理調査
猪名川町での雨漏り修理調査

とりあえずシリコンで穴を塞いで雨漏りを防いでおきました。
施主様には交換工事の御提案をさせて頂きました。

早速の御依頼ありがとう御座いますっ😊

スレート屋根の詳細はこちらから

雨漏り修理 エポライト 猪名川町にて2017年11月10日

猪名川町での雨漏り修理工事
猪名川町での雨漏り修理工事

以前に御依頼頂きました施主様から、今回の台風で飛散したエポライト(明かり取り)の補修工事をさせて頂きました。

明かり取りの箇所は他にもありましたが、今回飛散した箇所はこの箇所だけで取り敢えずこれで倉庫内の機械等が雨で濡れる心配はありません。

被害箇所が一か所で良かった~😊

瓦屋根の方も実害はありませんでした。
今回の台風での被害状況ですが、新旧も勿論ございますけどやはり立地によりけりと強く感じております。

屋根材が飛ぶ理由は此方からどうぞ😊

雨漏り修理工事(川辺群・猪名川町)築100年2017年4月23日

川辺群猪名川町にて雨漏り修理工事をさせて頂きました。
ありがとうございました!

築100年、屋根勾配5寸の竹簾(たけす)野地の瓦屋根の雨漏りです。竹簾野地とは竹で編んだ屋根の下地の事で、戦前の屋根でしたら沢山あります。

特徴はなんと言ってもその通気性と土の密着力。大量の土で不陸を抑えつつ葺き上げていきますので、葺き土の二次防水性能も優秀であり、結露発生率も低く、結露を吸収して瓦に負担を掛けない事にかけても優秀で御座います。

だから、100年保てたという事です。流れ行き(屋根の縦方向の長さ)が短いので定期的なメンテナンスでこの屋根はもっと行きます。

今回漏れた原因は?

元々割れていた瓦の補修を漆喰に頼っていた箇所が、積雪によって外れてしまったという内容の雨漏りです。

猪名川町での雨漏り修理工事
猪名川町での雨漏り修理工事

修理方法は新しい瓦に差し替えるという内容です。

猪名川町での雨漏り修理調査
猪名川町での雨漏り修理工事

この様な感じで仕上がりました。

猪名川町のガルバニウム屋根
猪名川町のガルバニウム屋根

少し気になったので母屋のガルバニウムの屋根も診ておりました。

元々は茅葺き(かや葺き)の屋根をガルバニウムを使ってカバーした屋根です。

屋根の勾配がきつく足場がなければ登れませんが、20年経過していても目立った錆跡など一切ありません。

これは雨水が屋根材の重ね目に停滞する時間が急勾配ゆえ極端に短い事が主な要因です。また、結露の発生も殆ど無いのも特徴。この様な屋根の場合はガルバニウム鋼板でも20年保証は容易であると残った結果から一つ一つ学ばせて頂いております。😊

屋根勾配で建材の寿命は変わります詳細はこちら

猪名川町の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

(まとめ)

雨漏り修理や屋根修理工事で最も大切な項目は工事価格を決定する前段階の調査精度と正当性に尽きると言い切れます。調査精度に付きましては十二分な作業経験に加えまして、どれだけ逃げずに自らの失敗に対処してきたか等の個人的な意志の蓄積でも培われて行きます。正当性に関しましては店舗理念を変化追及しつつも決して手放さない裏側の私念も共に大切で御座います。この様な両翼を在り成す為にはどの様な店舗の形態が望ましいかを私共は常に精査・具現化して現在に至ります。完全には及ばずとも全ての項目を明確化し懸命に安心をお伝えし続けると共に実際に大きな費用を掛けずに最大の費用対効果を無数にお届けして参りました。私共は大阪・奈良・兵庫・和歌山・滋賀・京都の現場を多数頂きまして屋根修理・雨漏り修理に特化を果たしました一次施工店で御座います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

Posted by 鈴木 大輔