考察記事 今回の風害

本日は日曜日

作業は、基本的に出来ません

今回風害にあった屋根の考察 爆弾低気圧とかいわれていますが・・・・

全て立地また、方角等、吟味しておりました。

先ず、基本3階建てより、平屋の方が、風には強い事(当たり前かもしれません)

建売より注文住宅の方が、風には強いこと(こちらも当たり前かもしれません)

コロニアルの屋根は、主に棟包みの飛散が目立った事。

特に西側からの風、陸棟・寄棟問わず。

また、棟包み本体の施工強度より、内部構造材(貫や、エコランバーやタフモック)

の強度次第で、強風時飛散する事も学ばせて頂きました。

簡単に言いますと、貫が躍るということですね。(←こちらはビス止めで即解決)

また、樹脂製の貫は、6寸前後のコロニアル屋根には、過剰施工

雨は這い上がれませんし、横走りもで出来ません。

ですので従来の杉貫で充分ですが、ビス止めは必須(ピッチ900位でいいんじゃないでしょうか)

内結露を抑える意味で、ルーフィングかませばベターですが

樹脂製使うなら、必要なし。纏めますと(内部構造材は、ビス止めが良いと言う事ですね)

ただ、㎡800~1000円の手間で新築を請け負う場合

ただ一言 無理です?? 無理なんです。

次に和型日本瓦

こちらも西からの風害が目立ちましたが・・

何れも乾式工法ではなく、昔の湿式工法による風害

といいますか・・ そろそろ 屋根触ったほうがいいよと言う屋根です。

軒鼻から4列ほど、和型の左部位がえぐられておりました。右は、負圧の関係でセーフ

またケラバ (屋根の端っこの部分)

こちらも対応は至って簡単で、補修の折、ピンポイントで強度を上げることも可能

例え昔ながらの湿式の屋根でもです。(風切り丸とは良く言ったもの)

次に板金屋根カバー工法

雨漏りした弱い野路に、鉄傘生釘地下打ちでは、少々不安も残ります

しかしこちらも、建物の高さに左右されますが、せめてコンパネは無理だったとしても

貫はわして ビス止めてりゃ 今回の西風にも 勝てたと思います。

検証数が、圧倒的に足りず、少々乱暴な所もありますが、

同じ事、同じ工法を提案する事は、もっと乱暴だとおもうのでした

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。