屋根修理・技考察情報

屋根勾配や立地環境で屋根材の寿命は変わります

屋根工房きのした本日はセカンドオピニオンとして屋根診断にお伺いさせて頂いておりました。こちらの屋根の仕様は

①スレート瓦和形
②5寸勾配
③日照時間を遮る隣接物無し
④明石市 被沿岸部
⑤35年経過

という内容となります。
雨漏りの原因は下記写真の様に震災時の施工不備が原因となります。

東取り合いからの漏水。

雨漏りもそうですが、施主さんの最も関心がある事項は葺き替えなければならないかどうか?

私の診断は、雨漏り箇所である取り合いの一部修理でまだいけるという判断となります。

理由は
①5寸勾配故に雨が停滞する時間が少ない事と、乾燥時間が早い。
これは、スレートの様な雨の浸透率の高い建材には生命線といっても過言ではありません。
幸い水分膨張で割れた瓦は全方向を見渡しても一枚しかありませんでしたので早急な葺き替えは先ず必要ないと判断させて頂きました、加えてこの建材の水返しが極めて優秀であるため、防水紙の劣化は無視して問題無しとご提案した次第です。

ところが、環境と屋根勾配が変わると診断内容は変わります。

こちらの屋根は同じメーカーでありますが、仕様は、

①スレート瓦和形
②3寸勾配
③日照時間を遮る山があり
④奈良県 山間部
⑤30年経過

先の屋根よりも裂傷が躊躇に見られ、そろそろ葺き替えを視野にいれての雨漏り処理をさせて頂いた屋根となります。

裂傷が起こった原因は日照時間の短さと屋根勾配の緩さ故、瓦の重ね目に停滞する雨水が瓦裏面の雨水の浸透率の高い箇所から浸透する時間が長く、水分膨張率が明石市の現場とはまるで違うからです。
この場合でも水返しは優秀であるため、防水紙云々の提案は致しませんでした。

現在でも雨漏りは止って一先ずの安心は頂いております。

 

 

屋根工房きのしたドブ付けや、燻瓦ではなく、屋根材の裏面の雨水の浸透率の高い建材は屋根勾配や立地環境で屋根材の寿命は確実に変わります。

 

 

新築する方や葺き替えを予定している施主さんは、覚えていてくださいね。

 

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. 凍て割れ瓦・凍み割れ瓦って?
  2. さらばモニエル(緩勾配・不適合建材使用と塗装)雨漏り
  3. 谷樋の熱膨張裂傷雨漏りの考察
  4. 寄棟雨漏りと棟幅の関係
  5. 屋根修理雨漏り修理大阪に安心正確調査を【屋根工房きのした】 考察記事 今回の風害
  6. himosikkuisekoumaedesu 強度倍増。村1番の紐漆喰!?
  7. 瓦屋根土葺きの重量はまちまち
  8. 絶縁を考えて(スレート・コロニアル・カラーベスト・棟包み板金)

おすすめ記事

  1. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  2. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  3. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  4. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  5. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
PAGE TOP