屋根修理・技考察情報

寄棟雨漏りと棟幅の関係

御閲覧頂き有難うございます。
雨漏りと棟幅の考察など
このページでは入母屋及び寄棟で多い隅棟からの雨漏り例に上げて御説明したいと思います。

結論から書きますが、
殆どの隅棟からの雨漏りは熨斗瓦3段以下で御座います。
入母屋なら陸7・降り5・隅3が標準で御座いますが、最後の隅3段また寄せ棟なら2段か3段のお家が殆どで御座います。
意匠を踏まえこの隅棟の熨斗瓦段数が少なければ少ないほど棟幅は狭く取る必要性が生じます。
棟幅を狭く取りますと、雨の流れ上よほど注意して地瓦の調整をしないと雨が入ります。

ベスト・コロニアルでも同じ追い当て水落としの工程が不可欠となります。
が・・
この原理を熟知した職人さんは結構少なく、水落としの調整なく
8寸5分程で積んでしまいます。←棟・熨斗瓦の段数によります。

この様に構造をよく知らない方は、何故漏れるのか解らずシリコンベタ塗りに突っ走ってしまうのですが、
一旦は止まることもあるのでますますたちが悪くなります。
(いずれまた漏れます。)
それに蒸れて腐ります。

これが、隅棟5段以上となりますと話は別で熨斗勾配さえ取っていれば半端の調整はさほど注意することなく棟幅が雨水をはじきかえしてくれます。
水落とし調整してもその部位は、土かなんばんで完全に埋まりますので余り意味が御座いません。
隅棟・降棟・陸棟は勾配を取り、地瓦山に熨斗がくっついていない限り
棟幅で寿命が決まると言っても言い過ぎでは御座いません。
ベスト・コロニアルでもこれを嫌い
棟だけ熨斗積みの和型の寄棟とかをたまに見ます。
屋根瓦構造を熟知した方には余り参考にならないかもしれませんが、
一応ここに纏めておきたいと思います。

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. 芯木有り瓦棒板金屋根こばなし
  2. 瓦に重量の掛かる方向 瓦は、何故ずれ(ズレ)るのか?
  3. 棟のコーキングがダメな理由(シリコン・瓦屋根コーキング)
  4. 土葺き瓦屋根が何故40年ズレたり漏れたりしなかったのか?
  5. 太陽光ソーラーパネルや湯沸かし器撤去後の注意点
  6. タコ足線から読み取れる内部シリコンの寿命
  7. 屋根勾配や立地環境で屋根材の寿命は変わります
  8. 絶縁を考えて(スレート・コロニアル・カラーベスト・棟包み板金)

おすすめ記事

  1. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  2. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  3. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  4. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  5. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
PAGE TOP