屋根修理・技考察情報

アンテナ余剰水量とケラバ板金の野地板干渉

タイトル通りの考察記事です。普段アンテナやソーラー等余計な物を屋根に載せる場合余程考慮と考察をしなければ自然現象に負けると謳っておりますが、本日は雨天後の棟解体作業となり、実際にアンテナが生み出す雨漏りの写真を撮る事が出来ました。少し黒っぽくなっている土が漏水の跡で御座います。

CA3I0518

樋の詰まりや破損によって下屋根が直下水流で漏れるケースは今まで星の数程見て参りましたが、アンテナも同じ働きをするという事です。ポール(支柱)が長ければ長い程、雨天時の棟を襲う直下水量は上がり、少し風圧が掛かれば棟内部の葺き土に容易に干渉してきます。修理補修の際はこれらを必ず考慮してどの様な雨量風圧にも打ち勝つ施工を残さないといけません。実際の直下水量はポールの長さに左右されます。一番躊躇なのは一昔前の文化住宅など、蜘蛛の巣を張るくらいアンテナとアンテナ線にまみれている屋根は劣化も著しく棟の損傷も加速度的に進行しております。
だんだんと屋根にアンテナが乗る家も少なくなってきましたが、例え既存アンテナを使用中であっても雨漏りしない棟は作れますので御安心下さい。

また・・・こちらはケラバ板金と野地板との干渉写真
CA3I0502

熨斗垂れと桟山しかり、水切りと壁しかり、腰板と水切りしかり、水流が派生する部位は雨水の干渉を切っておかなければなりません。が・・・
現在新築中の家屋でもそのような考察なく工事が進んでいるのをたまに目にします。破風板近辺は建物の高さにも依存いたしますが、決して雨は上から下に素直に流れてくれません。特に風雨の強い日は下から上に巻き込んで来ますので元より垂れの浅いこのケラバ板金とコンパネ野地板は面一で施工してはいけません。現在何万棟あるか推測出来ませんが、これらの無考察建築が確実に施主の財産を少しずつ削る事となります。
これから新築を建てる予定の方、また中古住宅購入をお考えの方、
現在目視出来る雨漏りで無くても上記の様に確実に雨に喰われている屋根や壁も御座いますので御留意下さいませ。

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. 古きよきガチャピンとミニラ ステンレス谷樋の電蝕を撮ってきました
  2. himosikkuisekoumaedesu 強度倍増。村1番の紐漆喰!?
  3. タコ足(被膜鉄線)
  4. 上屋根と下屋根の強度が違う
  5. 瓦屋根土葺きの重量はまちまち
  6. 寄棟雨漏りと棟幅の関係
  7. 棟のコーキングがダメな理由(シリコン・瓦屋根コーキング)
  8. 長屋切り離し新築・増改築時の(捨て谷の有用性)

おすすめ記事

  1. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  2. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  3. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  4. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  5. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
PAGE TOP