屋根修理・技考察情報

古い家屋・長屋等切り離しに関する注意点

古い家屋・長屋等切り離しに関する注意点の記事となります。

CA3I0468

基本的に昔の土葺きの工法の比重は斜め右下に重力が掛かっております。

切り離す前までは軒先の瓦やケラバ袖瓦がこれを一手に引き受けているのですが、この支点の支えを失うと土量の加減や横桟の間隔によりましてはズレ易くなります。

特に交通量の多い環境や勾配のキツイ屋根に躊躇に見られ、切り離しの際には建売メーカーが瓦ズレを熟知した上で表面上だけの板金仕舞いだけで無く、今後葺き出しとなる瓦の補強をするかどうか?が切り離された家屋に住む施主様の重要課題でもあります。

年数を経て、雨漏りが発生してお隣りとの兼ね合いもあり、事を荒立てたく無い故、自費で修理する施主様は人災を甘んじて我慢している訳です。(といいますか、そもそも解っていない場合が殆どで御座います。)

家屋の切り離し時において建売りメーカーと事前に相談し、シッカリと瓦の支点の強化を施す様に要請する事が例え少額の補修費用とはいえ無駄な出費を抑える秘訣でありますので覚えていてくださいね。

【鈴木 大輔・広子】

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. アンテナ余剰水量とケラバ板金の野地板干渉
  2. 古きよきガチャピンとミニラ ステンレス谷樋の電蝕を撮ってきました
  3. 水膜保護
  4. 塩害と砂状化
  5. 瓦屋根がズレなければならなかった理由
  6. 瓦に重量の掛かる方向 瓦は、何故ずれ(ズレ)るのか?
  7. 芯木有り瓦棒板金屋根こばなし
  8. 雪止め瓦+耐寒緩勾配適合瓦は降雪の堰に勝てるのか?

おすすめ記事

  1. 安心の屋根雨漏り修理12の秘訣
  2. 歴史が教えてくれる何故雨漏りするの?
  3. 屋根雨漏り修理 相場 費用
  4. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  5. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  6. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  7. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  8. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報

カテゴリー記事一覧

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 頂きましたありがとうの御言葉
  4. 個人情報の保護に付きまして
  5. 施工可能エリア詳細
  6. 屋根工房きのした特定商取引法
  7. 屋根工房きのしたがお約束出来る事
  8. 屋根工房きのした対応可能業務内容
  9. 屋根工房きのした 鈴木大輔
PAGE TOP