屋根雨漏り修理施工事例集

何もさわらなくていい屋根

KIMG1231

先日も数件の屋根診断であっちウロウロ、こっちウロウロさせて頂いておりました。
写真は30年経過の銅板心木有り瓦棒屋根。
いちいち保障書など出さなくてもあと50年以上はこのままでしょう。
理由は水流の集約無く緑青が削られ続ける事が無いからです。
厚みは0.4mm。家屋解体まで維持出来ます。

KIMG1230

瓦屋根の方も実行経過年数中。
棟の方向も強風に対して平行の切妻屋根で
簡単には棟内部に雨水は浸透してきません。
地瓦も凍て・ズレもこちらの環境で一切見受けられません。
照射時間が均一にとれている事と充分な土量、土嵩で通気が取れている事、
トントン(杉皮)と土の密着が良い事、桟木胴縁が主な要因となります。
肝心の埃の堆積量も持っている水返しが充分機能しており問題無し。
よっていじる必要性無し。

KIMG1232

壁際水切りは、熨斗を積まずに谷に流している構造です。
一万軒診ても、この納まりは無い程の頭の良い大工さんと屋根屋さん。
葺き替え時は割りで悩む箇所です。
壁面水流が運んで来る埃は溜まる事無く銅谷から軒樋まで流れていきます。
その原理を知らないとこの納めは生まれて来ません。

正直、嬉しくなってどうしようも無かったです。(笑)
あ~頭いいなあ!!と思える家屋に出会うと嬉しくなります。
まだまだ学べる屋根がある事に感謝いたします。

ですので、ラバーロックコーキングはしなくても大丈夫、
天井裏の染みは、雨漏り痕では無く模様、
今に大変な事にはならないとお伝えだけして帰途につきました。

こちらは何もしなくても良いと調査させて頂いた時の動画となります。😊

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。<(_ _)>

関連記事

  1. すのこ 雨漏り修理工事・ベランダ板金
  2. 波板交換と掃除 波板交換と掃除などなど
  3. セメント瓦屋根からガルバニウム鋼板屋根へ
  4. 平板瓦や日本瓦の葺き替え工事 平板瓦や日本瓦の葺き替え工事
  5. 板金屋根工事・スレート屋根からガルバニウム鋼板屋根へ 板金屋根工事・スレート屋根からガルバニウム鋼板屋根へ
  6. 谷樋の交換工事
  7. 耐震・耐風・強化棟工事・寝屋川市T様宅 耐震・耐風・強化棟修理工事
  8. 日本瓦・棟瓦の積み直しで雨漏りは直ります。

直接施工で安心!確実!

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 個人情報の保護に付きまして
  4. 施工可能エリア詳細
  5. 屋根工房きのした特定商取引法
  6. 屋根工房きのした対応可能業務内容

知っ得記事一覧

  1. 大阪の瓦屋根修理職人が知る雨漏り修理の適正費用12の秘訣
  2. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  3. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  4. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  5. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  6. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
  7. 雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点②
PAGE TOP