2014年10月10日

一文字張りとあやめ

CA3I0664

 

 

 

 

 

 

 

 

晒し一文字の張り方です。流れ方向を一とした場合に桁行き方向が二以上となる張り方が一文字張りで、それ以外の寸尺の取り方はあやめ張りといいます。(もうすぐ、化石になるかもしれない先輩に教えて頂きました。 笑)どれが一番美しいかは個人差の出る所では御座いますが、2対1が最も美しいとされていた時代も昔確かに存在しておりました。

私は生きている職人ですから、定義と流儀の間で浮かんでいる時が最も楽しいひと時と思っております。
それ以上の至高の極みといいますと、もちろん完治不可能と言われた施主さんの漏水による憂いを取り除く時で御座います。 😆

それもただの応急処置で 😆

この時流儀が定義の上を超えて行き、新たな定義となる瞬間が生まれます。後これが定義となるか否かは想像出来ませんが、この瞬間を紡ぎあげる事が出来るのは身を削って現場に従事する人間にしかできない事は言うまでも御座いません。