diy雨漏り修理-diy屋根修理

DIYでも出来る銅製谷の強化

銅谷の強化

屋根工房きのした先日の現場で銅製テープを使った谷の強化工事を致しました。

銅製の谷は、丁度雨水が落下する所が摩耗により穴が開く現象が30年前後で見られます。これは緑青といいます銅の錆が水流で何度も何度も発生と摩耗を繰り返して穴があきますので、熱膨張の裂傷を除き局部に写真の様な処理を施せば10年位は延命を図れます。
10年の根拠ですが、以前にお施主様がアルミテープでこの処置を施しておられ、経過年数が8年でも電蝕も熱膨張剥離も引き起こしていなかったからです。本来アルミと銅は電位差が違いますのでアルミが銅に負けて腐食するはずなのですが、元々の銅の酸化がそれを抑止したものだと思われます。

 

 

※薄茶色の部分が酸化出来ない箇所・こげ茶の部分が酸化出来る箇所・青っぽい箇所が完全に酸化出来ている箇所
完全に酸化出来れば銅は屋根材として瓦に引けは取りません。

 

 

今回の工事は電蝕を危惧して同じ金属テープを使用致しました。この銅テープは表面に素材の本質までは解りませんが、何かしらのコーティングを施しておりますので、摩耗原因の錆、緑青が噴かない可能性が高くテープ事態の耐久性に優位に働くと思っております。

 

DIYでも十分施工可能ですので、危険の無い屋根でしたら早めに処置しておくと効果的で御座います。
ただ、既に穴が開いてしまって雨漏りしている場合は、肉眼で確認出来ないピンホールも混在しているケースもある事と、またこのテープの防水性能は完全ではありませんから、交換して貰った方が良い場合も御座います。

 

 

 

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。<(_ _)>

関連記事

  1. 危険スレート小波 スレート小波にはDIYでも乗らないで
  2. 簾を掛けて雨漏り防止
  3. 銅のテープで雨漏り応急処置
  4. 雨漏りでは無くて結露です 雨漏りではなくそれは結露です
  5. 格安屋根雨漏り修理を動画で解説/5万円以下の工事 格安屋根雨漏り修理を動画で解説/5万円以下の工事
  6. 屋根が滑りやすい季節があります注意して下さい
  7. 壁際の雨漏りと棟瓦の応急処置方法を動画で説明致します。
  8. クーラー取り付けに関する注意点

直接施工で安心!確実!

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 個人情報の保護に付きまして
  4. 施工可能エリア詳細
  5. 屋根工房きのした特定商取引法
  6. 屋根工房きのした対応可能業務内容

知っ得記事一覧

  1. 大阪の瓦屋根修理職人が知る雨漏り修理の適正費用12の秘訣
  2. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  3. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  4. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  5. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  6. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
  7. 雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点②
PAGE TOP