2014年12月01日

縋る部位からの雨漏り

こちらは縋る部位からの雨漏りの考察記事となります。屋根の場所でいいますと段差のあるこんな場所からの雨漏りです。

縋る部位からの雨漏り和歌山県
縋る部位からの雨漏り和歌山県
縋る部位からの雨漏り兵庫県
縋る部位からの雨漏り兵庫県

上記写真でお分かりの様に瓦の形状によっては縋る部位の雨水の仕舞いが簡易的な場合が御座います。流石にここに漆喰の塗布は殆どありませんがより防水性の高いセメントの塗布が過去の工法で良く見られます。それでも厚みの利くセメント部位は雨水は通しませんが、渕廻りは雨水を通してしまいます。

2つのケース共一番水量の上がる谷部位が絡んでいない為大漏水とまでは行きませんが、やはり竣工時には何かしらの方策を取らなければなりません。

改善方法としまして
①シリコンをプライマーと共に掛ける
②捨て谷を機能させる
③カバー工法で雨水を外に逃がす。

修理方法は上記の他に色々あるとは思いますが、全て履行すれば完全に雨漏りは直ります。

縋る部位からの雨漏り大阪府
縋る部位からの雨漏り大阪府

この部位は2階より1階の方が発見速度が遅れますので縋る部位のある住宅にお住まいの方は何かの折に一度点検して貰った方が良いですね。😊