矢切りからの雨漏り

矢切りからの雨漏りにつきまして

矢切りとは切り妻屋根の頭頂部(拝み)下につけられる小屋裏の熱気を外に逃がす通風口の事で御座います。
ここからの雨漏りの特徴は、

高台に位置し、風圧をもろに受けてしまう立地故、軒の出が暴風雨時には殆ど機能しない場合に雨漏りを引き起こしてしまいます。穏やかな平野部などでは殆ど雨漏りしません。

立地によれば、この位置にありましても疑う余地はございます。

軒天がない場合は、矢切りその物と埋め込まれている掻き落とし壁との接点も改善しなければなりません。

原因さえ解れば、改善工事は至って簡単な部類に位置します。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3