セメント瓦毛細管雨漏り

セメント瓦毛細管雨漏りの考察記事の内容となります。
写真のセメント瓦は現在は製造されておりません。

CA3I0611

写真のセメント瓦の防水シートはアスファルトフェルト元々の用途は壁面材木保護の為の物です。
また
写真でお分かりの様にこの瓦はF型である事と躯体自体のセメントの溶融も加味され相当の埃を瓦の重ね目に堆積させていきます。
堆積した埃は毛細管現象で雨水を呼び込んでしまいますので漏水箇所は必ずしも一か所でない場合があります。
またアンテナの新設時の踏み割れが原因であったりも致します。

割れていない限りは躯体自体は雨を通しません。重ね目の埃が雨を呼び込むという事です。
CA3I0736
雨の日のセメント瓦内部の写真です。

相応の家屋の老朽化も進んでいると思いますので
写真の様な埃清掃後の葺き直しも可能で御座います。

CA3I0131

埃が無くなったこの瓦は本来の用途をまた取戻します。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】