壁面立ち上げ処理後の雨漏り

御閲覧頂きありがとうございます。
この記事は壁面立ち上げ処理後の雨漏り後の雨漏りの考察記事となります。

CA3I1006

写真は、増築後の壁面の取り合いの写真です。銅板の水切りが立ち上がっておりますが雨漏り致します。
理由は伝い漏り。壁面から流れて来る雨水が切り離した箇所を伝って立ち上げた水切りの天端を超えて内部に侵入致します。

この雨漏りが発生するには風圧が必要ですから何時でも漏れるわけではありません。この部位は水切りと腰壁や腰板を離して施工する事自体は雨の滞留を避け壁材の腐食進行を抑える意味合いでは有効な施工方法ですが水切り立ち上げ天端まで露出してしまうと雨漏りの危険性は高まります。

改善方法自体は至って簡単。シーリングであったりモルタルその他で埋めて伝って来る雨水を抑えれば問題ありません。

CA3I0166

稀にベランダサッシ下部の壁面も空洞化しているケースもあります。振動による亀裂や施工不備が主な原因となります。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】