晒し葺き屋根からの雨漏り

こちらは晒し葺き屋根からの雨漏りについての考察記事となります。晒し葺き屋根とは写真の様な屋根形状の事をいいます。

晒し葺き屋根からの雨漏り

晒し葺き屋根からの雨漏り

晒し葺き屋根からの雨漏り・京都府

晒し葺き屋根からの雨漏り・京都府

主に屋根重量の軽減を意図としており使用建材は銅板、トタン、ブリキ(スズメッキ鋼板)ガルバニウム ステンレスなど板金建材の建材が大半を占めております。

この部位の雨漏りの特徴は主に経年劣化を考慮しない場合は

①ハゼ(鋼板の継ぎ目)の埃堆積による毛細管雨漏り。と縦吊り子
②落下水流による銅板の摩耗、及び軒瓦の垂れに堆積する埃と熱膨張摩擦による摩耗と希薄化

この様な理由が主に考えられます。

①は上部の写真。また這い樋が水流を止め邪魔しております。
②は下部の写真。二十構造を取っていますから配慮されている施工です。

谷樋などと違い晒し葺きの鋼板の面積はかなり広く熱膨張も広範囲に渡りますので夏場と冬場の施工方法も若干変わって来るのも特徴の一つです。

改善方法は上記の熱膨張が広範囲に広がりますから塗装より張り替えをお勧め致します。

もちろん。縦の吊り子は打たないで二重構造を維持して落下水流に備え、ハゼの掛け方にも配慮しなければなりませんね。

晒し葺き屋根からの雨漏り

晒し葺き屋根からの雨漏り

塗装後の四半張りの写真です。こちらの雨漏りも理屈は同じとなります。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3