雨漏りの原因と種類の御説明

凍て瓦進行による雨漏り

凍て瓦進行雨漏り

こちらの記事は瓦の欠損、凍て割れ(冷害)が進行した場合の雨漏りについての記事となります。

CA3I0644
こちらの写真は家屋の日照時間の差異で生まれた凍て割れ。(日が余り当たらず水分の乾燥が遅れる場所)山間部の寒冷地や屋根北面がよくやられます。

2012.1.31奈良県の凍て割れ瓦

こちらは瓦裏面の凍て割れ。こちらも方位に左右されますが、釉薬瓦の場合は裏面まで釉薬を塗布していませんので素焼きの部分が残っています。素焼きの部分の頁岩は水の浸透率が高く冬場の瓦裏面に付着する結露や埃の堆積が理由の雨水の停滞などが瓦内部にまで染みて行き、冬場の水分の凝固に伴いまして徐々に瓦自体を痛めて参ります。

注:(現在の淡路釉薬瓦は燻瓦に使う土を使い、尚且つ表層にはシリコンを混入しておりますので凍てに強くなっております。)

CA3I0792

こちらの写真は凍てが進行し、割れた瓦が毛細管現象で雨水を呼び込んでおりました。

瓦の等級やメーカーにより損傷度合は変わって参りますが、前述のとおり屋根全面の凍てが進行しているケースは殆ど有りませんので葺き替えか?修理か?の判断はよくよく吟味する必要が御座います。

また、漆喰の塗り過ぎや全面シリコンコーキング等屋根の乾燥時間を著しく損なうメンテナンスにも注意が必要で御座います。

こちらの燻瓦の凍て割れは2016.11.6京都府宇治市にて診断撮影させて頂きました。屋根全面ではなく凍てた瓦は総数で役3枚です。この数枚だけは生成時に(不純物)が混じった可能性がありますがメンテナンスは一番簡単な部類となります。

凍て瓦による雨漏り

こちらの燻瓦も山間渓谷部北面の凍て瓦による雨漏りの写真です。2016.10.2に撮影させて頂きました。

何れに致しましても屋根全面が凍て信仰によって雨漏りするケースはありませんんので、部分葺き替え等で間に合う事もありますので、今の状況を把握されてからの工事をお勧め致しております。😊

【鈴木 大輔・広子】

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. ベランダフラワーボックスからの雨漏り ベランダ・フラワーボックスからの雨漏り
  2. サンルームからの雨漏り
  3. 大阪府の風切り丸瓦 風切り丸瓦ズレからの雨漏り
  4. 凍て瓦雨漏り 地瓦の凍て割れからの雨漏り
  5. 陸屋根・ベランダ防水劣化雨漏り 陸屋根・ベランダ防水劣化雨漏り
  6. 熨斗瓦水平化雨漏り 熨斗瓦水平化による雨漏り
  7. 谷樋尻立ち上げ不足による雨漏り 谷樋尻立ち上げ不足による雨漏り
  8. 落ち葉堆積による雨漏り 落ち葉堆積による雨漏り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 安心の屋根雨漏り修理12の秘訣
  2. 歴史が教えてくれる何故雨漏りするの?
  3. 屋根雨漏り修理 相場 費用
  4. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  5. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  6. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  7. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  8. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報

カテゴリー記事一覧

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 頂きましたありがとうの御言葉
  4. 個人情報の保護に付きまして
  5. 施工可能エリア詳細
  6. 屋根工房きのした特定商取引法
  7. 屋根工房きのした対応可能業務内容
  8. 雨漏りと戦った私の経歴
  9. 屋根工房きのした 鈴木大輔
PAGE TOP