和歌山県での雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

こちらは和歌山県で頂きました雨漏り修理や屋根修理!の現場レポートです!私共の修理経験や技術考察の全てを何時も正直にお伝えしております。

(工事依頼を頂く際に屋根は目視が困難ですので正当・正確な調査内容を公開する現場レポートは2011.6~掲載を開始しています。)

また、一般家屋の雨漏り原因は現在約88解明済。施工時の注意事項や日本の自然現象への考察記事が49。合わせまして137記事と極めて重要なこちらの業界の特徴などをお伝えしております。いつもありがとうございます。

私共の修理費用の相場

雨漏り調査にお伺いした時その場で直りますような簡単な雨漏りから難しい雨漏りまで私共が皆さまにご提供して参りました修理費用の分布は¥15000~¥300000迄が70% /¥300000~¥500000迄が25% 調査費用(必要経費)を含めた全修理工事費用の約95%を占めます。

何れも雨漏りは100%完治済みです。(こちらは2011年からの統計)また全体補修やピンポイント補修の可能性等、複数の見積りを包み隠さずお伝えさせて頂いておりますのでご安心ください。

安心価格と責任工事を全ての方に

私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?こちらを掲げまして長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。

雨漏り調査や屋根修理調査を御依頼頂いた際には職人の責任者が直接に調査致しますのでその場で直る様な場合はその場で御直ししております。御老輩の御家庭や子育て中の御家庭を初め本当に沢山の御信頼を紡がせて頂いております。

和歌山県での屋根雨漏り修理・愛の現場レポート!
和歌山県での屋根雨漏り修理・愛の現場レポート!

和歌山県の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

和歌山県での屋根雨漏り修理・愛の現場レポート!

瓦屋根からの雨漏り調査 2022.6.22

和歌山県へと瓦屋根の雨漏り調査にお伺い致しました。今回は海を見ずに帰りましたよ。

さて、今回の雨漏りは一度コーキングで処置されたというご報告後の調査となります。適材適所にコーキングを使用しておられましたら案外調査対象が絞れてきますので楽といえば楽でございます。

和歌山県での雨漏り調査

一階屋根の雨漏りが一階が原因だとは限りません。今回の雨漏り原因はこちらの隅棟トンネルからのオーバフローが原因になります。ここが水溜まりになりますと床下まで簡単に雨が到達してしまいます。

和歌山県での雨漏り修理調査

内部は土砂や漆喰で詰まっていますのでこちらの清掃を含めた棟瓦の積直し工事のご提案ヲさせていただきました。雨漏りの原因としましてはオーバーフローだけではない可能性がありシリコン塗布でその可能性が跳ね上がっているからで御座います。

この度は私共にご信頼をお寄せくださいまして誠にありがとうございました。

※関連記事はこちらからご覧頂けます※

和歌山県での雨漏り修理調査 2022.4.26

和歌山県にて瓦屋根の雨漏り修理調査にお伺いさせていただきました🙂

和歌山県での雨漏り修理。銅板の谷
和歌山県での雨漏り修理。銅板の谷

こちらの写真でご覧頂けますように赤丸で囲ってある部分に穴が開いています。この穴の原因は銅板自体の薄さも加味されるのですが銅の谷の部分は雨中に混じります不純物などが集中してきますので緑青といいますサビが常に剥離されて銅板の厚みがバラバラになっていきます。そこへ熱膨張や伸縮が加わりますと薄い部分から裂傷やピンホールが生まれるという仕組みですね。

雪解けの表面がボコボコとしてきますでしょ。そんな感じと同じでございます。

和歌山県での雨漏り応急処置
和歌山県での雨漏り応急処置

とりあえずの止水処置をいたしました。これでしばらくは大丈夫で御座います。

和歌山県で壁からの雨漏修理調査
和歌山県で壁からの雨漏修理調査

またこちらの壁面からの雨漏りの原因は壁に食い込んでいます四角い瓦の排水に不備がでているということですのでこちらは板金をカバーすることにより雨漏りは止まります。

この度は私ともにご信頼をお寄せくださいまして誠にありがとう御座いました。☺

※関連記事はこちらからご覧いただけます※

スレート屋根の雨漏り調査 2021.1.12

皆さまこんにちは。スレート屋根の雨漏り調査のご依頼を頂きまして和歌山県にお邪魔させて頂いておりました。この日は調査依頼をこなす事のみとなっておりましたので、少し街並み探訪の気分も持ち合わせておりました。そういう歳なんだと頷いては悪くないなぁと感じています。🙂

和歌山県の漁港を眺めてました
和歌山県の漁港を眺めてました

私は和歌山県とは相性がいいんです。理由は祖母が田辺出身でカツオ漁船を営んでいた家の生まれだからなんでしょうね。このお店のきのしたの屋号の由来も実はそこから頂いております。

八従妹も同じ感覚を持ち合わせておられました。そんなことってありますよね?。ないのかな?☺

さて、屋根雨漏りの方ですが今回はスレート屋根からの雨漏りですね。この薄型化粧スレート屋根材は水返しといいます雨水が逆流しても外へ雨水を返す機能が無いんです。

ですからこの建材を使用する前に吟味しなければならないのは屋根勾配(屋根の角度)という事になり、勾配が緩く尚且つ長尺でしたら雨漏りする危険が高くなります。この場合の長尺とは屋根の天辺から下までの長さの事を意味します。

和歌山県でのスレート屋根雨漏り調査
和歌山県でのスレート屋根雨漏り調査

こちらが塗装を施したのはいいのですが、縁切りが出来ていなくて塗料溜まりが堰になって雨漏りを引き起こした今回ご依頼を頂いたスレート屋根の写真となります。

長尺では無いのですが勾配も2寸8部位で緩く、雨水は停滞し易くなっている事と飛散防止の為に生釘を直打ちしておりますので全面雨漏りを起こしている屋根となっておりました。

和歌山県での雨漏り修理調査
和歌山県での雨漏り修理調査

中央の丸い印が釘を打っている写真となります。加太の方は暴風地域で何をどうしても屋根材が飛ぶとお聞きしたことが過去にありましたので気持ちは解りますが、それがかえって仇になる事もありますね。複雑ですがやっぱり気持ちは解ります💦

今回の調査は勾配が足らずに塗装されている事と縁切りがなされておらず釘を打っている事から、立平の板金の全面カバー工事をお勧めさせて頂きました。

新年からご信頼をお寄せ下さいまして誠にありがとう御座いました!!

※関連記事はこちらからご覧いただけます

和歌山県での雨漏り修理調査 2017.5.21

本日は和歌山県へと瓦割れによる雨漏りの調査にお伺いしておりました。

瓦割れ
瓦割れ雨漏りといいます 和歌山県にて

写真の様な瓦割れが雨漏りの原因でした。雨漏り修理は診断時にお直し出来る場合も多々御座います。
正直にお伝えする事が何より大切な事。それでは、皆様本日もお疲れ様で御座いました。

※関連記事はこちらからどうぞ

スレート大波の修理診断(和歌山県加太)2017.4.17

和歌山県加太にてスレート大波の修理診断にお伺い致しました。沿岸部から少し離れておりまして山間部の立地です。海風の影響無く40年塩害はありません。屋根勾配は2寸5分。写真の錆びたアングルはケラバの風害を防止する役目が御座います。少し錆びておりますがその厚み故機能を維持しております。

スレート大波の修理診断(和歌山県加太
スレート大波の修理診断(和歌山県加太にて)
スレート大波といいます 和歌山県にて

こちらのスレートのメンテナンス方法で塗装しても良いかどうか?以前お世話になりました施主様からのご質問でありました。私の答えは止めておいた方が良いとお答えさせて頂きました。


その理由となる前例を挙げますね。

スレート大波といいます 大阪市福島区にて

こちらは塗装して6か月で雨漏りしたスレート大波の屋根で御座います。スレートの継ぎ目をシーリングして塞ぎ、熱膨張で剥離したピンフォールや裂傷から雨が侵入し、もうどうしようも無く成ってしまっておりました。


この建材は水返しが無く建材の重ね目に溜っている埃を簡単には清掃出来ません。厚み9mmで葺き直せる程の強度も残っていません。尚且つ屋根勾配が2寸を切っており、毛細管による雨水の吸い上げが頻繁に起こります。ここが肝です。


ですので埃が雨を呼んでいるた場合、葺き替えか鋼板カバーしか打つ手がありません。たとえ縁切りを徹底しても雨漏りの改善は図れない。こういった理由によります。


今回の物件は40年経ってしまっておりますので鋼板による葺き替えか、もしくはカバー工法をお勧めさせて頂きました。
この度も当店に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました!

※関連記事はこちらからどうぞ

500円応急処置と屋根工事の選択肢和歌山にて 2013.4.18

本日も気温上がる中、屋根修理へ薄型化粧スレートの縁切りや・・何故か鋼板と構造材の空洞化による出窓音害の緊急対応などに奔走しておりました。上の写真は取りあえずシリコンコーキングをぴゃーっと塗ってヘラでぴゃーっと均してお終いです大体500円位の材料費で御座います。

出窓の音害を緩和させました

一方その頃私の先輩は・・・


漆喰塗り過ぎにより雨漏りした本葺きの瓦屋根の修理を完成させていた模様です。

本来120年も経つ本葺きの蔵は葺き替えがセオリーですが、雨漏り修理に於きまして万人が有り余る予算を組める訳ではありません。取りあえず軒・ケラバ・を押さえつつのカバー工法で対処して頂きました。切りっ端にしますと流石に風に捲られる可能性があるからですね。


肝心の費用対効果は?本葺き葺き替えの予算の約五分の一で、耐用年数は三分の一位です。葺き替えて燻が120年行くとしての概算です。本葺き燻120年対ガルバ40年位でしょうか。

私はどんな施主さんにでも出来るだけ選択肢を自由に選べる様に配慮しております。(正直ここが全ての根幹を司りそれ以外は殆ど枝葉と言っても過言ではありません。)知らないならともかく選べる選択肢を隠さないということですね。例えそれが5000円の工事になったとしてもです。さて親戚の板金師の親方も小さな屋根屋の親方もこの綺麗事で人生を閉じる気マンマンで御座います。私を頼ってくれた人に信頼と実績と安心を・・。

※関連記事はこちらからどうぞ

みかんの国で雨漏り修理・和歌山 2013.1.26

久々にみかんの国(和歌山県)へ、雨漏り修理に行って参りました。写真は縋る部位の雨仕舞いが原因のモニエルの屋根とみかんで御座います。本日の阪和道は強風により非常に危険でして例えるなら畦道をガタゴト走る荷馬車が時速80kmで走行するくらい危険でございました。怖い(笑)

モニエル厚型スレートといいます。和歌山にて

午前に屋根修理を終えて、みかんの国のもう少し奥にて屋根診断をさせて頂きました。

本葺き瓦屋根
本葺き瓦屋根といいます 和歌山にて

築130年位の蔵の本葺き屋根。 セメントで固められる前なら・・とか思いながらも、この蔵の屋根は日陰が出来にくく殆ど凍てていない。屋根の寿命は立ち位置と立地、日照時間の差異でここまで伸びるものかと感嘆し、嬉しくなり勉強させて頂きました。

何通りかの見積もりを頭に描きながら帰途につきました。

セメント・・・沖縄・・・和歌山・・・ つながりにくい

※関連記事はこちらかどうぞ※

和歌山県・和歌山市瓦屋根雨漏り修理診断(埃堆積が、生み出す毛細管雨漏り)2011.12.13

御閲覧感謝致します。本日は、和歌山県・和歌山市瓦屋根雨漏り修理診断をさせて頂きました。先ずはこちらの写真をご覧ください。

セメント瓦といいます。和歌山市

縦桟横にコーキングを塗りこみまして瓦ズレを防止しておりますが、この瓦の雨漏りの肝は、経年によります埃堆積が、生み出す毛細管雨漏りが殆どで御座います。因みに屋根勾配は3寸5分です。

埃堆積の実際の写真はこちら

毛細管現象による雨漏り 和歌山市

上記赤矢印部分が経年によります埃の堆積が生み出す毛細管の雨漏りの原因です。また青矢印の部分が表面には表れない踏み割れによる雨漏りの原因です。施工中に耳も使わないといけない理由がここにも御座います。

またこちらの写真

セメント瓦に使用されていた鉄釘 和歌山市

地瓦釘穴のφ(口径)が広く腐食・錆を生み出しても瓦割れには、結びつかなかった写真です。現在は45mmの鉄生釘は使用致しませんが、瓦により、鉄錆を、物ともしない建材も存在致します。またこの鉄釘の錆は内部結露により冬場の1シーズンで錆びます。葺き土が加味された場合は2日で錆びます。

最後にこちらの写真

トタンの波板といいます 和歌山市にて

カラートタンの錆による腐食ですが、今回はカバー工法で十分間に合います。壁に施工されていますカラー波トタンは、建物の低さまた、隣接物の存在の故、今回壁雨漏りを引き起こしている原因では御座いません。


本日は当店に瓦屋根雨漏り修理調査、また信頼と御依頼を頂きまして誠にありがとうございました!

和歌山県・田辺市の雨漏り修理診断 2011.10.30

御閲覧いただきありがとうございます。本日は、和歌山県・田辺市の雨漏り修理診断をさせていただきました

和歌山県田辺市での雨漏り修理調査

お客様に御説明させてもらいましたとおり合計8箇所の雨漏りは2ケースに別れた原因によるものです。一つは、パラペット内壁の平鋼板使用による間柱を通過する雨漏りもう一つは、瓦棒棟際の仕舞い方とドブ谷の高低差による返り水、軒捨て唐草の仕舞いです。着工までに少しお時間を頂きますが、今回の工事も完全に雨漏りをお止めいたしますので今暫くお待ちください。本日は当店をご信頼いただきさっそくの雨漏り修理の御依頼有難うございました。

和歌山県・田辺市の瓦屋根修理・雨漏り修理 2011.10.23

本日は、和歌山県・田辺市屋根修理・雨漏り修理をさせて頂きました。こちらの棟からの雨漏りでしたが瓦屋根雨漏りの原因をシリコンだけで止めることは無理なケースもあります。

和歌山県田辺市での瓦屋根修理

今回は、この瓦を再利用するのは、非常に予算が無駄になりますのでいぶし7寸丸瓦の強化棟を、御提案いたしました。

和歌山県田辺市での瓦屋根修理

これにて、お安く、軽量化も出来て二度と雨漏りしない屋根にいたしております。
もし万にひとつでも(天災をのぞく)雨漏りが発生しました場合は100%責任をもって再修理をおこなわせて頂きます。
今回の工法はこちら


この度は雨漏り修理・屋根修理を当店に御依頼いただき有難う御座いました。

和歌山県・和歌山市雨漏り修理診断(コーキング撤去、谷トイ交換)2011.9.20

御閲覧頂き有難うございます。本日は、和歌山県・和歌山市雨漏り修理診断にお伺いさせていただきました

ko-kinngutotanitoihasonnniyoruamamoridesu
和歌山市での雨漏り修理調査

コーキング撤去と谷トイ交換で完全に雨漏りは止まりますので御安心下さい。本日は屋根修理・雨漏り修理診断 当店をご信頼いただき、さっそくの御依頼・誠に有難う御座いました。

和歌山県・田辺市屋根瓦修理診断(落棟の壁際の構造不備によるな雨漏り)2011.9.10

御閲覧頂き有難う御座います。本日は、和歌山県田辺市の無料雨漏り修理診断にお伺いさせて頂きました。

rikumunekaranoamamoridesu
陸棟といいます。

写真の陸棟からの雨漏りと

otimunehafumawarinosimaidesu
落ち棟雨漏り

落棟の壁際の構造不備による慢性的な雨漏りです.
本日は雨漏り調査診断のご依頼を頂きまして誠に有難うございました。

和歌山県・和歌山市・加太の雨漏り修理・補修診断(アスファルトシングル)2011.9.9

御閲覧頂き有難う御座います。本日は和歌山県の加太のアスファルトシングル屋根の雨漏り修理・補修診断に行って参りました。

sinnguruyanekaranoamamoridesu
和歌山県加太での雨漏り修理調査

基準風速34s/mでなおかつ2寸勾配海沿いで塩害も考慮した修理となりますと選択肢も狭まって参りますが、最高のコストパフォーマンスを出せる修理を心がけますので御安心下さいませ。
この度は当店をご信頼いただき、さっそくの修理のご依頼ありがとうございます。

和歌山県での屋根雨漏り修理・愛の現場レポート! 統括

和歌山県での屋根雨漏り修理・愛の現場レポート! 統括

雨漏り修理や屋根修理工事で最も大切な項目は工事価格を決定する前段階の調査精度と正当性に尽きると言い切れます。調査精度に付きましては十二分な作業経験に加えまして、どれだけ逃げずに自らの失敗に対処してきたか等の個人的な意志の蓄積でも培われて行きます。正当性に関しましては店舗理念を変化追及しつつも決して手放さない裏側の私念も共に大切で御座います。この様な両翼を在り成す為にはどの様な店舗の形態が望ましいかを私共は常に精査・具現化して現在に至ります。完全には及ばずとも全ての項目を明確化し懸命に安心をお伝えし続けると共に実際に大きな費用を掛けずに最大の費用対効果を無数にお届けして参りました。私共は大阪・奈良・兵庫・和歌山・滋賀・京都の現場を多数頂きまして屋根修理・雨漏り修理に特化を果たしました一次施工店で御座います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

こちらは屋根工房きのした動画サイトのリンクとなります

こちらの記事は屋根修理や雨漏り修理に必要な知識を7つに纏めさせて頂きました。お時間がございましたら是非ご活用ください!

Posted by 鈴木 大輔