太陽光(ソーラーパネル)の弊害やデメリット

本日は、太陽光(ソーラーパネル)の弊害やデメリットなどを綴ってみようかと思います。とりあえず、当店会長の意見を真先にお伺いいたしますと・・

写真の様な感じで、私と多少温度差があります。何時もご意見ありがとう御座います。スタイリ~とぶら下がり健康器と太陽光発電では、多少のお値段の差がありますので、今回も聞いているふりをさせて頂きます。

冗談はさておき・・

弊害とデメリットを考察いたします。きっかけは、過去のお客様からのメール相談があったからですが、無ければ無視していた事柄でしょう。↓の様な考察です。

①先ずはパネル自体の耐用年数は、メーカーの言う年数を鵜呑みにしない事です。 実際に施工して、50年の結果等基準がまだありません。 私が太陽光パネルを施工しない理由です。

②パネルを載せる事により、瓦の日照時間が0になります。これは 山間部では恐らく瓦内部の結露による裏面の凍て割れなどが、 北面だけでなくせっかくの南面にまで及ぶ可能性がある事。 加えて、埃の堆積による毛細管雨漏りが発生する可能性もあること。

N様の屋根は5寸勾配と堺市に位置しているので、これらの問題は発生しないとは思いますが・・一度でも水道管破裂が起こった事のある地域に御住まいの方は御熟考の必要性があります。

③およそ500kg以上の加重が片屋根に掛かり続けますので、地震や軽微な振動に対して 必要な構造計算を施工業者が出来るかどうか?載せるだけならどの施工店でも出来ますから。 御存知だと思いますが、N様の屋根は現在坪150KG位です。国道沿いや線路沿いにてなんだかよく揺れる家だなあと呟きながら、雨漏り修理した記憶は幾度となくあります。

④これはもう当たりまえですが、雨の仕舞いをちゃんと出来るかどうか? 総合的に判断致しまして、N様が太陽光パネルを載せる場合、きちんとメリットとデメリットを 説明出来る業者でしたら問題ないかと思います。

元受→下請け→孫請け→施工不備・・・そして・・こんな手抜き工事はどうたらこうたらで・・元受け→下請け→孫請けのループになる流れを沢山見てきました。

なんだか決定打に欠ける記事ですが、やっぱり、スタイリ~やぶら下がり健康器位のスタンスで気楽に施工して頂いたらいいのでは無いのでしょうか。期待を掛け過ぎると反発も大きくなってしまいますよね。😊これは僕も全くおなじです。

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。