屋根修理・技考察情報

新築時から直らない雨漏りのケース

(@^^)/~~~何時もありがとう御座います。

コロニアルやカラーベストをご使用されている方で新築時から中々直らない雨漏りでお悩みの御声をかなりの数頂きましたのでその一つのケースを図で御説明させて頂こうと思います。

※コロニアル・カラーベストという屋根材は薄くて平べったい感じに見える屋根材の事ですね※

そんな屋根の直り難い雨漏りする箇所はこんな箇所

スレートの屋根がモルタル壁面に接触している箇所で御座います。
この様な箇所ですが見た目に問題は無くても何故か雨漏りしてしまいます。

そのメカニズムを御説明致しますと

この様に屋根の先っぽの板金がモルタルの壁を貫通して仕上がっているからですね。

そして次の図

屋根の先っぽの板金の端は筒状になっていまして、その中の空洞を通って内部まで雨水が到ります。

ですので

モルタルの壁の外側の板金を切断して事後処理を施しましたらお部屋内部にまで雨水が到る事はありません。

(@^^)/~~~雨漏りを止めるだけならこれで大丈夫です。

この箇所の改修工事はベランダやテラスが補助となり安全に御自分でも出来るかもしれません。

スレート屋根の劣化具合や今後の御計画を踏まえて
どの様な処置が最適か、施主様ご自身で選んでください。

※実際の工事内容はこの様な感じとなります。

赤い丸の箇所が壁にめり込んでおります。

途中で軒唐草の板金を切って雨漏りを止めます。

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。<(_ _)>

関連記事

  1. どれどれ ドレン
  2. 良い屋根も沢山御座います
  3. 太陽光ソーラーパネルや湯沸かし器撤去後の注意点
  4. 瓦屋根土葺きの重量はまちまち
  5. 塩害と砂状化
  6. タコ足線から読み取れる内部シリコンの寿命
  7. 雪止め瓦+耐寒緩勾配適合瓦は降雪の堰に勝てるのか?
  8. 地震だけでは無い自然現象。

直接施工で安心!確実!

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 個人情報の保護に付きまして
  4. 施工可能エリア詳細
  5. 屋根工房きのした特定商取引法
  6. 屋根工房きのした対応可能業務内容

知っ得記事一覧

  1. 大阪の瓦屋根修理職人が知る雨漏り修理の適正費用12の秘訣
  2. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  3. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  4. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  5. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  6. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
  7. 雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点②
PAGE TOP