屋根修理・技考察情報

強度倍増。村1番の紐漆喰!?

himosikkuisekoumaedesu

本日はHPを始める前の現場にて考案した 新型・紐漆喰についての考察記事です。降雪地域、旧家入母屋に昔からよく見かける、紐漆喰、察するに雪が最後まで残る壁際の葺き止りにおいて、雪が氷となって葺き止め熨斗と密着し溶け落ちる時に熨斗瓦もろともズラシて行くのを防止するために昔の職人さんの知恵でこの箇所に漆喰を入れ始めたものと予想。確証では在りません)

こんな感じ ↓

himosikkuisekoumaedesu

しかしながら、上記の意図とは相反して、圧倒的に葺き止め熨斗瓦の強度のほうが↑の屋根が殆んどです。 :lol:ハンマーでコンコンしたらすぐ取れてしまいます。この箇所の修理、まず紐漆喰全撤去

himosikkuizennbutorimasita

左に見えますコーキングガンいつ買ったのか記憶に残っていませんが、何故か、今販売中のガンより塗りやすく、丈夫です。それはさておき、手間暇掛けてもう一度紐漆喰入れるよりコーキングとGL鋼板で作った紐漆喰鋼板のほうが圧倒的に強いのではなかろうかと、画策した結果がこちら     ↓
kouhannhimosikkuikannseidesu

見た目を変える事無く強度倍増!!どんなアイスバーンにもびくともしません。手間隙は結構喰います。 😆

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。<(_ _)>

関連記事

  1. 芯木有り瓦棒板金屋根こばなし
  2. 瓦屋根土葺きの重量はまちまち
  3. 屋根の摩擦係数と全面換気の効能、増改築後の壁面雨漏り
  4. 寄棟雨漏りと棟幅の関係
  5. どれどれ ドレン
  6. 棟瓦の銅線が切れる理由について
  7. 地震だけでは無い自然現象。
  8. 雪止め瓦+耐寒緩勾配適合瓦は降雪の堰に勝てるのか?

直接施工で安心!確実!

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 個人情報の保護に付きまして
  4. 施工可能エリア詳細
  5. 屋根工房きのした特定商取引法
  6. 屋根工房きのした対応可能業務内容

知っ得記事一覧

  1. 大阪の瓦屋根修理職人が知る雨漏り修理の適正費用12の秘訣
  2. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  3. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  4. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  5. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  6. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
  7. 雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点②
PAGE TOP