屋根修理・技考察情報

無数のひび割れ(コロニアル)

CA3I0068

本日は少し暗いお話しです。でもしなければなりません。

私はこの薄型化粧スレートの施工をアスベストが抜けた建材で過去3棟程施工しております。もちろん葺き替え工事でしたが、躯体年数も50年を超えて負担を掛けない建材の選択を迫られました。施主様と協議の上施工致しましたがそれは間違いでした。

左記の写真は築10年のおそらくグラッサという建材です。既に無数のひび割れが発生しており、施主さんのストレスはマックスに達しております。

その後、パミールと判明致しましたが疑いが晴れた訳ではありません。

アスベストが抜けた時にどうしてもっと私が配慮出来なかったのか・・悔やまれます。

昔のコロニアルやカラーベストは30年の無塗装の実績があり油断していたというのも事実ですが・・ 😥

過去に私が携わった3現場は熟知しておりますので誠意ある対応を致します。

誰を恨んでも仕方がないので今回は自分の考察力不足であり、より一層の琢磨が必要と思い知らされました。

現在この建材シリーズは屋根材としては扱えません。肝に命じます。もちろん近郊の同じハウスメーカーが建てた屋根はもとより、症例は一例に留まりません。写真から汲み取れる足場の加重とかもどうでもいい話で御座います。大屋根も同じ症状です。

軽量化を望むならメッキ鋼板もしくはステンレスで、耐久を求めるなら粘度瓦で、屋根勾配には充分配慮致しましょう。

私は、ただただ茶の間を長い間(費用対効果に見合った考察にて)守りたいだけで御座います。

鈴木 大輔

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. 塩害と砂状化
  2. 古い家屋・長屋等切り離しに関する注意点
  3. ドブ漬けメッキと電気メッキ(スレート釘)
  4. 銅製鮟鱇の劣化促進について
  5. タコ足線から読み取れる内部シリコンの寿命
  6. 棟瓦の銅線が切れる理由について
  7. 上屋根と下屋根の強度が違う
  8. 太陽光(ソーラーパネル)の弊害やデメリット

おすすめ記事

  1. 安心の屋根雨漏り修理12の秘訣
  2. 歴史が教えてくれる何故雨漏りするの?
  3. 屋根雨漏り修理 相場 費用
  4. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  5. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  6. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  7. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  8. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報
PAGE TOP