2020年02月29日

当店の屋根瓦修理・雨漏り修理が適正価格である理由

当店舗の経営形態を、ご紹介させて頂きます。

適正価格の理由

当店は私(代表者)自ら現場に赴き、屋根工事、屋根雨漏り診断、見積もり、施工までさせて頂いております。

私共の店舗形態では節約可能な💰工事費用に関わるあらゆる経費を可能な限り切り落として営業させていただいておりますので昔ながらの屋根工事本来の費用調査内容を実現し、全てのお客様に御提供させて頂いております。

また当店は、屋根修理、雨漏り修理におきまして必要不可欠な工事のご提案と積み重ねて参りました考察力を踏まえ、理にかなった充分な予算を組まさせて頂いておりますので 😰安かろう悪かろう などという御不安も必要御座いません。

現場職人ならではの調査や見積もりをお届けしておりますので、相見積もりや相診断なども何時でも歓迎させて頂いております。

適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
適正価格と正確な屋根調査が出来る理由

(職歴40年の板金職人と職歴30年の日本瓦工が直接施工しております。)

確実施工の理由

少人数であり、施主様直の仕事しか請け負っておりませんので工事期間に縛られずに自分達が納得出来る工事現場を頂いており、とても喜んで仕事に従事させて頂いております。😊

私は、7歳の夏休みから屋根工事に携わっております。(学生時代の休暇期間はほぼ屋根工事に赴いておりました。)当店では2代目に当たります。

おかげさまで30年の職歴を持たせて頂きあらゆる屋根瓦の葺き替え雨漏り修理など施工実績は、店舗全体の実績ではなく私個人の実績でも1900軒を優に超えていますので御客様の屋根瓦雨漏りの御悩みを完全に解決させて頂いております。

丁度私が見習い時代の時は、バブル経済でして3K(きつい・汚い・危険)は特に嫌われておりました故、同年代の職人さんは余りいなかったと記憶しております。(またインターネットの無い時代に当時の瓦職人の人口比率は石屋さんの次に少なかった事を書籍にて記憶しております。)

診断内容としましては、御依頼頂きましたお客様の立地が、国道沿い・線路沿い・海岸沿い・平野部なのか山間部なのか?寒冷地なのか?加えて平屋なのか二階建?三階建て?高台に位置しているのか?隣との隣接間隔は?ビル風や家屋風は?東西南北のどこが一番損傷しているのか?屋根の向きや形態は?これらを熟考し御訪問時に記憶した経験から引き出して最善を御提案しております。

こうした考察から生まれてくる適合建材による施工が確実に施主様と施工者双方に安心を生み出して参ります。

これらは保障期間云々より圧倒的に重要な事項と私は考えます。まだ足りない・・。もっと考察しなければならない・・・。と日々切磋琢磨し屋根診断力・施工力を上げ続けていく使命が私にはあります。

瓦屋根の雨漏りに関しましては仕上がり、美観、的確な診断など私が全ての屋根修理を手掛けておりますので同じ店舗内でも施工技術の差がありませんので均一な屋根工事の仕上がりを全ての御施主様にお約束させて頂いております。

上記全てが確実な施工をお約束出来る理由となります。😊