2018年10月08日

三田市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポ―ト!

三田市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!の現場レポートです!私共の修理経験や技考察の全てを何時もお伝えしております。

三田市の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

私共、屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?その旗印を理念と掲げ、長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。

ホームページは2011年6月から更新し続け、皆々様が末長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。
(`・ω・´)ゞ

(屋根工房きのした 御挨拶)

(何故愛の現場レポートを書き続けようと思ったのか?その御説明となります。)

(私共の代表的な職人技術の動画です)

(調査時に直る雨漏りはその場で直しています)

(DIYで処置出来る可能性もある事例の動画となります)

(ブルーシートの雨漏り応急処置を耐用年数3年の応急処置に変えます)

 

(@^^)/ 修理工事での疑問?質問?が非常に多く寄せられましたので綴りました下記の記事もよろしければ合わせて御覧下さいませ。きっと疑問が晴れて☀お役に立てると思います。

~雨漏り修理・屋根修理・つの極意~

①瓦屋根修理や雨漏り修理に必要な適正費用と的確な診断

実際に雨漏りが発生した場合。皆様の修理費用の目安となります様に作成致しました。雨漏り修理は現場調査から始まりますので同じケースで雨漏りした場合でも立地や家屋形態で修理費用は変化致します。

②屋根を葺き替えないと雨漏りは直りませんか?

雨漏りが派生した場合に屋根勾配、躯体の経過年数、屋根の痛み具合、立地環境、御予算、総合的に判断して葺き替えが良い場合も御座います。雨漏りだけを直して欲しいという方には修理と葺き替え双方の施工技術が必要であると私共は考えております。常にお困りの方の傍に立つご提案を心がけています。

③ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?

ラバーロックやコーキングを用いた雨漏り修理工事の詳細を明記しております。コーキングとは隙間を埋めるという意味であります。隙間を埋めてしまうとかえって雨漏りを引き起こしてしまう場合が御座います。どの様な時に雨漏りが悪化してしまうのか?自然現象を加味した考察記事となります。

④屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

屋根の漆喰工事で雨漏りが直らない場合が御座います。何故漆喰工事で雨漏りが直らないのか?写真と解説を添えてご説明させて頂いております。屋根の漆喰は分厚く幾重にも塗れば強固になると誤解されている方は是非ご一読して頂きたいと思います。

⑤屋根ルーフィングが破損・張り替えで雨漏りは直りますか?

屋根の下地材で用いる防水シート・ルーフィングの役割を御説明しております。雨漏りの原因が防水紙の破れから発生しているとご提案された方はこの記事を読んで頂き適正な屋根診断を受けれます様にとの想いで作成致しました。

⑥スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策

スレート屋根が雨漏りする原因をピックアップしております。スレート屋根とは圧縮したセメントを用いた屋根材で軽量化を計ったり、コストを抑 えた半面、メンテナンスの頻度が高くなる屋根材です。コロニアル・カラーベスト・モニエル・大波・小波・日本瓦風・平板風、などの形態が普及しています。

⑦DIYでお役立ち!雨漏り修理情報

雨漏り修理は危険な作業を伴いますが、全ての箇所が危険という訳でもありません。御自分で直さざる得ない状況もあると思います。そんな時の参考にして頂けましたら幸いです。安全には充分注意して下さいね。

 

(目次)
三田市のベランダ雨漏りの調査2018年10月8日
三田市での雨漏り調査2018年10月8日
差し棟板金下のシーラー切れ雨漏り調査2018年10月8日
煙出し屋根の雨漏り調査2018年10月8日
スレート屋根の雨漏り調査2018年8月20日
サンルームの雨漏り修理工事です(兵庫県・三田市にて)2018年2月1日
兵庫県・三田市の雨漏り修理診断(シーラー劣化)2013年1月6日

 

三田市のベランダ雨漏りの調査2018年10月8日


こちらの施主様の雨漏りの原因はベランダ防水の劣化から来る物でした。
ご紹介を受けてのご訪問となり、とてもありがたく思っております。
改善方法はこちらに同色のガルバニウム鋼板を施工する事で対応させて頂きます。

他の箇所も同時に眼を通させて頂きましたが、大丈夫そうです。
ご安心下さいませ。
m(__)m

三田市での雨漏り調査2018年10月8日

三田市での雨漏り調査が続きます。
こちらの雨漏りの原因は写真で赤線を引いている箇所に端を発します。
この部分は水量が最も過大化する箇所で雨水の通り道に成ります。
その直下に土を置いてしまいますとどうしても雨水は浸透し、内部まで吸い上げられた雨水は防水紙の穴をめがけて進んでまいります。
長雨でなければ吸い上げから漏水まで多少時間を要する事もあります。

改善方法はこの箇所の水流を派生させない工事の御提案となります。
m(__)m

差し棟板金下のシーラー切れ雨漏り調査2018年10月8日


以前に別箇所の雨漏りでお世話になりました施主様宅へお伺い致しました。
今回の雨漏りは写真の差し棟板金の直下。シーラー切れからの雨漏りとなります。
シーラーと言いますのは細長いスポンジ状の建材でして横から侵入してくる雨水を抑える役割を成します。


もう一か所は薄型化粧スレートのケラバ際からの漏水です。
こちらも理屈はよく似ていますが主な漏水原因はケラバ板金の隙間に入り込み堆積して行く埃が水道を徐々に作って行き、それが堰となり内部で雨水がオーバーフローを起こしてしまいます。

何れに致しましても大掛かりな工事には到りませんので
ご安心下さいませ。
m(__)m

煙出し屋根の雨漏り調査2018年10月8日


兵庫県三田市にて雨漏り調査にお伺いした際の記事となります。
こちらの雨漏りの原因は強雨風によるものです。
煙出し屋根からの素流が合算され差し棟瓦に内部干渉を起こした際、アールの無い平板瓦の内部ではその雨水を外に返す事が出来ない場合があります。
内部構造の改善をする前に取り敢えずでは御座いますがシールで止水処置を施工致しました。

暫くはこれで雨漏りしませんのでご安心下さいね。
m(__)m

スレート屋根の雨漏り調査2018年8月20日


三田市へと雨漏り調査にお伺いしておりました。
途中の新神戸トンネルへと続く出口が大渋滞で焦りました。(^^;)
何とか到着して調査開始で御座います。
スレート屋根の壁際はケラバ際の隙間に入り込んだ異物が水流を変えてしまう時が多々あります。
入り込んだ雨水が素直に流れてくれなくなってしまうんですね。
その様にして溢れた雨水が防水紙を貫通した釘穴を目指して雨漏りしてしいます。


それとは別に破風板の劣化腐蝕によって入った雨水も弾性塗料が下受けしてる状態で雨水が抜け切れていません。
これが無ければその場に御直しする事が出来たのですけど、今回はお見積りという形になってしまいました。

多大な御信頼をお寄せ頂きまして、ありがとうございました!!

サンルームの雨漏り修理工事です(兵庫県・三田市にて)2018年2月1日

兵庫県三田市にてサンルームからの雨漏り修理工事をさせて頂きました。
サンルームと言いましてもお部屋として活用されておられましたので光源は基本的に無視して大丈夫です。

①構造用合板を張り
②下葺き材を張り
③屋根と壁面の3方をガルバニウムの鋼板で覆いました。
④垂れ流し状態だった軒樋と這樋の改修。

これでお悩みだった雨漏りは止ります。
此度は私共に御信頼を置いて頂きまして誠にありがとう御座いました。
(^^)

兵庫県・三田市の雨漏り修理診断(シーラー劣化)2013年1月6日

御閲覧感謝致します。兵庫県三田市にて雨漏り修理診断の御依頼を頂きました。
今回の雨漏りの原因ですが雨量問わずして吹雪く折に必ず漏るという施主様の御意見から判断し、
差し棟板金の下、シーラー材の劣化と水落とし調整の有無が主な雨漏りの原因と判断させて頂きました。
天端の少々劣化したパッキン付きのステンレス釘からの漏水。
(こちらは、解体の折判明しますが、この立地にて結露なのか漏水なのか判断させて頂きます。恐らく雨水が入ったとしても極微量)

これらを考慮しながら現在雨漏りを引き起こしている差し棟板金の解体と葺き戻しにて雨漏りは直ります。
シーラー材は今回は使わずに、地瓦調整後の下地にはセメント系漆喰を均す予定で御座います。

此の度は当店を信頼また、御依頼頂きまして誠にありがとうございました!
m(__)m