2014年11月30日

地瓦ズレからの雨漏り

地瓦ズレからの雨漏りについて御説明させて頂こうと思います。
地瓦とは屋根の大半を占めている瓦の部材の事です。桟瓦とも呼びます。

CA3I0518

地瓦がズレると大量の雨が部屋内部に侵入致します。
ズレる原因としまして土葺きの場合

①屋根の勾配が急傾斜
②瓦の裏に爪が無い
③土の量が少ない
④振動が継続する立地(幹線道路の際)
⑤土止めの桟木が無い。若しくはピッチが広い
⑥軒瓦・袖瓦の緊結が甘い(軒ズリ含め)
⑦メンテナンスを殆どしていない
⑧隣家切り離しによる弊害(葺き始めが無緊結になったり、重機の振動)
⑨風害によるもの

 

などなど、多岐に渡ります。
写真の棟際の地瓦が棟から離脱している場合は上記に踏まえて棟の水量を長年飲み込んでおりますから既に葺き土は殆ど残っておりません。

対応策は、至って簡単で左から右へと調性しながら戻して行けば良いだけですが、簡単と感じるのはもちろん瓦職人限定の話です。

現在お使いの瓦がまだ実行経過年数中ではっきりとした寿命を確認出来ない場合、修理が充分可能で御座います。
土型ごとズレている場合は葺き直しの御提案となります。(この場合は捻じれが強い瓦が予想されますので土葺きが有効で御座います。)

 

CA3I0124CA3I0018

 

 

 

 

 

 

 

 

青緑瓦と本葺き瓦ズレの写真です。
 

 

 

 

熨斗瓦のズレ

こちらは熨斗瓦のズレの写真。雨漏りは軒がある為起こりえません。ズレた原因は水切り板金の隙間を無くす美観を重視した熨斗瓦の勾配の取りすぎです。それに対しては問題はありませんが、緊結が無かった事が原因となります。再施工は至って簡単で、緊結し直せば良いだけとなります。2016.10.17に診断撮影させていただきました。

 

瓦ズレ
こちらは塩焼き瓦の地瓦のズレ。ズレた原因は埃堆積毛細管から瓦桟木を腐食していった経過となります。2016.10.1に診断撮影させて頂きました。

平瓦のズレ
こちらの本葺き平瓦のズレによる雨漏りの原因は棟瓦の漏水に端を発します。2016.9.28に撮影させて頂きました。