2018年04月22日

高石市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!


私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?それのみをずっと追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人だけの店舗です。皆様が長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。

高石市の皆様、その節は本当にありがとうございました!!

高石市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!です。
私の考察の全てを何時もお伝えしています。
(`・ω・´)ゞ

雨漏り修理診断(高石市にて)

雨漏り修理診断(高石市にて)

青緑瓦とコーキング
御閲覧感謝致します。

高石市にて、雨漏り修理の診断をさせて頂きました。
去年の9月に施工してもらった屋根で雨漏りが直らないので当店に御依頼頂くという経緯でした。

全面にコーキングにて処理されている壁際からの漏水ですが、元よりこの屋根の地割の具合から水切り板金より出過ぎた熨斗瓦は施工出来ません。
壁と屋根両方から発生する水量を写真の様な小さな地瓦谷に飲ます前提ですので、例え捨て谷やルーフィングを下地として施工してましても、それらが劣化すればお終いでございます。
ですから最初から雨漏りする屋根でした。

次に全面に施工したコーキング工事ですがこちらも何故雨漏りするのか解らないので取りあえず全てをコーキングで塞いでしまえば直るという発想にて施工したものと想われますが、
やはり水流の発生元を加味していないので、再度の漏水となりました。

 

本来はもう葺き替えレベルの屋根にされてしまっておりますが、
何とか雨漏りだけは止めてみようとおもいます。
此の度は当店に雨漏り修理診断御依頼、誠にありがとう御座いました。