2018年10月24日

枚方市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

枚方市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!です。
私の考察の全てを何時もお伝えしています。
(`・ω・´)ゞ

枚方市の皆様、その節は本当にありがとうございました!!


私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?それのみをずっと追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人だけの店舗です。皆様が長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。

(目次)
枚方市での屋根修理調査2018年10月24日
ケラバの破損調査2018年10月20日
枚方市の雨漏り調査2018年7月10日
軒樋のチョコット修理を致しました。2017年7月27日
大阪府枚方市にて棟瓦の改善工事2016年11月14日
晒し屋根鋼板取り替え工事(現場・枚方市)2016年2月3日
瓦屋根雨漏り修理(枚方市にて)完成です。2012年9月28日
陸棟の雨漏り修理(枚方市にて)2012年9月27日
瓦屋根雨漏り修理診断(大阪府・枚方市)2012年6月13日
大阪府・枚方市コロニアル(塗料劣化による毛細管雨漏り)2011年11月19日
大阪府・枚方市・雨漏り修理診断2011年11月12日
大阪府・枚方市瓦屋根修理・隅棟の雨漏り修理と漆喰塗り直し2011年10月26日
大阪府枚方市の無料屋根雨漏り修理診断2011年9月21日
大阪府枚方市・雨漏り修理・補修診断2011年9月2日

 

枚方市での屋根修理調査2018年10月24日


約5年程前に雨漏り修理でお世話になりましたお施主様の元へとお伺い致しました。
LINEで頂いていたシュア心状況からかなりの損害をイメージしてお伺いいたしましたが

・・・
波板を修理して頂いた大工さんがついでに屋根にも手を加えておられたようでして
多少の板金は使用せざる得ないものの

ものの見事に被災前と変わらない姿を取り戻されておられました。

ただただ、施工にあたった大工さんに敬服するのみの調査となりました。

(^^;)

ケラバの破損調査2018年10月20日

枚方市へと屋根修理調査にお伺い致しました。
立地は高台にありますのでそれなりの被害が出ているかと想像してお伺い致しましたが、
損害が出た箇所は瓦8枚に加えまして、樋の升一つという状況で御座いました。
軽微の損傷で済みましてホッと致しました。
(^^;)


仮の応急処置も速やかに行いまして、調査終了となります。
何時も御信頼を置いて頂きまして、ありがとう御座います。
m(__)m

枚方市の雨漏り調査2018年7月10日


枚方市へご紹介を受けまして、雨漏りの調査にお伺い致しました。
雨漏り箇所は2階の天井です。
早速屋根に上ります。


雨漏りの原因は棟瓦に塗布したシリコンと面土漆喰の塗り過ぎです。
常に雨水が干渉しておりますので、熨斗皮の逆勾配化が進んでいました。

一度棟瓦を解体して、もう一度積み直す工事の御提案をさせて頂きました。
ありがとうございました!!

軒樋のチョコット修理を致しました。2017年7月27日

枚方市にて軒樋のチョコット修理を致しました。
赤丸の部分が熱膨張で剥離しております。剥離する理由は長尺の軒樋を全て繋いだ場合、軟質塩ビ樋が熱膨張した際の逃げ場が無いからで御座います。
この損傷の頻度は切妻屋根よりも軒樋を4方面ぐるりと巻いた寄棟屋根に多く見られます。
再度の熱膨張剥離や裂傷を起こさない様に升(集水器)に位置する軒樋の耳を切断しております。
写真の青丸の部分です。
これで再度の損傷は発生致しません。

 

🙂 何時も私共の考察・診断に御信頼をお寄せ頂きましてありがとうございます。

 

さて、

滝汗をカキカキ、帰宅致しますと、
ちょうど今子供達が夏休みですので、私達を迎えてくれます。

私が、(*>∀<*)ノただぃま★~っと発します。
子供達が、(〃・ω・ノ)ノ オカエリー♪♪~っと発します。
私が、(人”▽`)ありがとう☆~っと応えます。

なんだか最後の・・。
(人”▽`)ありがとう☆~が良いなぁ・・。コレ
口から勝手に出てきてビックリしましたけど、
一体感あるなぁ~と思ってしまったので、47の今から帰宅挨拶はこれで行こうと思いました。
これは宿そう。(笑)

(`・ω・´)ゞ それでは、本日もお越し頂きましてありがとう御座いました!!
(人”▽`)ありがとう☆

大阪府枚方市にて棟瓦の改善工事2016年11月14日

大阪府枚方市にて棟瓦の改善工事、積み直し工事が終わりました。

破損の理由は
①面土漆喰の重ね塗り・出過ぎ
②棟コーキングによる棟内部排水量の低下
③上記の理由から派生した停滞する水分が凍て割れ損傷を引き起こしている
④台熨斗勾配の平行化

以上から修理工事の御提案となりました。

施工前写真です。

kimg0671

kimg0665

kimg0659

kimg0663

施工後の写真です。

kimg0677

kimg0684

 

kimg0689

kimg0691

 

①面土漆喰の重ね塗り・出過ぎ
②棟コーキングによる棟内部排水量の低下
③上記の理由から派生した停滞する水分が凍て割れ損傷を引き起こしている
④台熨斗勾配の平行化

上記四点を棟瓦の積み直し工事にて改修させて頂きました。
この度は当店に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。

晒し屋根鋼板取り替え工事(現場・枚方市)2016年2月3日

KIMG1177
枚方市にて晒し鋼板(亜鉛メッキ鋼板・トタン)の交換工事をさせて頂きました。
雨の侵入経路はハゼ。0勾配でしたらハゼはその雨量によっては機能しません。

KIMG1181
垂木を取り換えます。

KIMG1182
合板による下地を張ります。

KIMG1188
唐草は全て共折り。以前の唐草の呼び込みが4寸にも関わらず、吊り子迄雨が届いていたからです。

KIMG1192
ガルバニウム鋼板0.35mmを張り、ハゼにシーリングして完成です。
この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとうございました。

瓦屋根雨漏り修理(枚方市にて)完成です。2012年9月28日

御閲覧感謝致します。

本日大阪府枚方市にて、雨漏り修理が完成致しました。
こちらの陸棟雨漏りの原因は、熨斗瓦の勾配と葺き土の多さに起因した毛細管による漏水が、追い当て地瓦の幅が広く、受けきれずに下地に直撃した雨漏りとなります。
たった一箇所上記の様な箇所がありますと漏水を引き起こす原因となる位、本来和型の棟積みは、繊細な作業になるのですが、結果が出る時間差があり、施工レベルのバラツキは致し方御座いません。
熨斗勾配、漆喰の塗り方、地瓦の追い当てが完璧なら絶対漏水しない自然と共存した棟になるのでが・・・・ともあれ棟の積み直し工事は完成致しました。当店を信頼、また御依頼頂きまして、誠にありがとうございました!!

陸棟の雨漏り修理(枚方市にて)2012年9月27日

本日は、枚方市にて教科書通りの雨漏りを直させて頂いておりました。
教科書はありませんけど。。

捲り解体しながら熨斗瓦に穴を開けたりしながら台熨斗積んだりしながら・・

本日も足と腰が燃え上がりつつ帰宅です。

瓦屋根雨漏り修理診断(大阪府・枚方市)2012年6月13日

御閲覧感謝致します。
本日は、枚方市にて陸棟からの雨漏り修理診断をさせて頂きました。
画面左側の折れ継の部位には追い当て瓦を施工していますが、右側は、施工しておりません。
これにより棟下の折れ継が、広く、また熨斗勾配も右側と左側で差異が発生致します。今回の雨漏りですが、この熨斗勾配の差異による漏水と診断させて頂きました
。棟を一度全てはがして、折れ継の調整と再度の積み直しを図れば、雨漏りは完全に止まります。
築35年とはいえ、まだまだ現役の淡路産釉薬瓦ですので、此の度も葺き替えの必要性は、全く御座いませんが、コーキングと漆喰ではただの一時凌ぎですので、必ずまた雨漏りは再発致します。早速の屋根工事のご注文誠にありがとうございました!

大阪府・枚方市コロニアル(塗料劣化による毛細管雨漏り)2011年11月19日

御閲覧感謝致します。

大阪府・枚方市コロニアル雨漏り修理診断をさせて頂きました内容となります。
今回の雨漏りは7年前に塗装した塗料劣化によります毛細管雨漏りです。
コロニアル毛細管雨漏りの内部写真はこちら
t02200391_08001423115048469131-168x300[1]

この様に劣化塗膜ないし長年堆積した埃を伝いまして雨が侵入致します。
既存瓦にて葺き直してしまえば、安価にて修理出来ますので御安心下さい。
(※躯体の損傷具合、また屋根勾配、立地環境によっては葺き直しより鋼板カバーの方が費用対効果が高い場合も御座います。)
此の度は適正・雨漏り修理診断また、当店に信頼・修理御依頼頂き誠にありがとうございました。

水返しの機能が無い屋根材の場合は特に劣化塗膜、埃堆積による毛細管雨漏りが躊躇に発生致します。

2011.11.30兵庫県のモニエル瓦

大阪府・枚方市・雨漏り修理診断2011年11月12日

御閲覧感謝致します。
本日は大阪府枚方市の屋根漆喰塗り直しの診断をさせて頂きました。


御覧の様に漆喰の塗りすぎによる弊害は、大屋根、下屋根全てにおきまして
施工されております。
凍て・凍み雨漏りが発生する前に全て、適正工事に再施工致しますので
御安心下さいませ。
此の度は当店を信頼・工事御依頼頂きまして
誠にありがとう御座いました。

大阪府・枚方市瓦屋根修理・隅棟の雨漏り修理と漆喰塗り直し2011年10月26日

本日は、大阪府枚方市の瓦屋根修理と雨漏り修理が完成致しました。
先ずは雨漏りの原因でしたこちらの隅棟を解体致します。


続きまして、下地調整したあとこの棟をつみかえます。


これにて隅棟からの雨漏りは完全にストップ致します。
棟全体の漆喰も塗りすぎでしたので全面撤去です。


ただ撤去するのではなく下地の台土を適正レベルまで削ります。

漆喰の塗りすぎによる弊害はこちら→http://www.amamore.net/useful-information/1943/
最後に漆喰を再施工いたしまして完成です。


本日は、当店に雨漏り修理と漆喰塗り直し工事御依頼
ありがとうございました。

大阪府枚方市の無料屋根雨漏り修理診断2011年9月21日

御閲覧頂き有難うございます。
本日は、大阪府枚方市の無料雨漏り修理診断にお伺いさせていただきました。

nosikawarasuiheikaniyoruamamoridesu

今回は漆喰の塗り直しと水平化した棟瓦の積み直しを御提案致しました。
本日は屋根修理・雨漏り修理診断御依頼・誠に有難う御座いました。

大阪府枚方市・雨漏り修理・補修診断2011年9月2日

御閲覧頂き有難うございます。
本日は台風接近中では御座いますが、大阪府枚方市の雨漏り修理診断に伺いました。
お見積り御依頼有難うございました。

kabekiwanosimaifubidesu

直接の雨漏りの原因はこの箇所
壁際の施工不備で御座います。応急処置も最早限界にて、この箇所の正規の工法を御提案いたしました。
それともう一つ危惧する箇所

hakotoinokoubaifubidesu

この増改築の取り合い部の谷
勾配が全然無く非常に危険では御座いますが、
今後屋根葺き替えも視野に入れておられる御客様でしたので
この箇所は防水塗料にて今回は安価にて御提案致しました。
御客様御希望の葺き替えの御提案も致しましたが、
先ず第一には雨漏りを絶対止める事を最優先する見積りを致しまして、
本日は終了で御座います。