2018年04月16日

池田市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

池田市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポートです!
私の考察の全てを何時もお伝えしています。

(`・ω・´)ゞ< 全てで御座います。

池田市の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!!

(@^^)/ こちらも合わせて御覧下さいませ。

~雨漏り修理・屋根修理・つの極意~

①瓦屋根修理や雨漏り修理に必要な適正費用と的確な診断

②屋根を葺き替えないと雨漏りは直りませんか?

③ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?

④屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

⑤屋根ルーフィングが破損・張り替えで雨漏りは直りますか?

⑥スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策

⑦DIYでお役立ち!雨漏り修理情報

 


私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?それのみをずっと追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人だけの店舗です。皆様が長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。

(目次)
池田市へと屋根のメンテナンスへ2018年4月16日
池田市に雨漏り調査に行っておりました。2017年7月21日
降り棟、屋根修理工事現地調査・池田市2012年6月9日

池田市へと屋根のメンテナンスへ2018年4月16日


本日は、検査の結果を聞きに診療所へ行きました。
結果は、中性脂肪が少し高いだけで問題なし。
(^^;)
ホッとしました。
自己改善でどうにでもなります。あ~良かった。

という事で、屋根に紐が出てるから来て下さいという御用命を受け池田市の現場へ向かいました。
紐。。ありますね。。紐。。
お正月の凧揚げの時の様な紐のようでしたけどなんで飛んできたのかな・・。
施主様としばし雑談して帰路に付きました。
本日もとても平和な一日で御座いました。
(^^;)

池田市に雨漏り調査に行っておりました。2017年7月21日

🙂
何時もホームページを見て頂いてありがとう御座います。
今日の午後2件目となります、雨漏り修理の調査を池田市にて行っておりました。
写真の隅棟は凍てておりますが、この程度の欠損は棟瓦の積み直し工事で直ります。
元々この隅棟瓦の水分停滞率が高いから瓦が凍ててしまっただけですので、きりがないから葺き替え。。とは私は思いません。


もう一つの漏水箇所は壁面のサッシの穴。
これは一目瞭然ですね。
モルタルの膨張伸縮が開口部にもろに負担を掛けている状態でした。
立骨や目地を入れるとこの様な亀裂は起こり難くなります。


アンテナ撤去後の配線も雨水を呼び込む格好となっております。
それによって水切熨斗の葺き土も浸食されてズレておりました。


最後は隅棟瓦の尻が雨水を堰き止めております。漏れます。
この度は当店への御声かけ、誠にありがとう御座いました。
m(__)m

降り棟、屋根修理工事現地調査・池田市2012年6月9日

御閲覧感謝致します。
大阪府池田市にて、降り棟の屋根修理工事の現調をさせて頂きました。
経年劣化もさることながら、ここまでの損傷を招いた原因は、陸棟との取り合いと熨斗勾配、台熨斗の施工不備によるところが主です。
台熨斗、地瓦とも余分な水分が常に廻っておりますので凍て割れが進行しております。
流れ壁際でもそうなんですが、地瓦の桟峠の外側に台熨斗を積まなければ容易に雨水が侵入致します。
下駄や降り台を多少広くとってでもこれらをかわす施工を心がけなければなりません。
鬼が小さく棟幅が、狭くなりますとこの様な弊害や雑草の繁殖を許す降り棟を街で良く見かけます。
この度は私共へ
屋根工事御依頼まことにありがとう御座いました!
m(__)m