鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り

こちらは鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏りの考察記事となります。

瓦屋根の緊結部分には銅線を使用したり釘を使用したりして瓦のズレや振りを抑える様にあらかじめ竣工当時から予測して施工しております。

この釘は、真鍮釘(黄銅)や銅釘、亜鉛メッキ釘等が一昔前の主流で御座いました。(現在はステンレス釘が主流となっております。)この中で一番危険な釘はやはり亜鉛メッキ釘で結露等で錆び膨張が進んだ場合瓦の釘穴のφ(口径)によりましては瓦や屋根材を割り進めてしまう危険性が伴います。ただ、最大限に釘が錆び膨張しても屋根材のφが充分な場合はこの限りではありません。

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・大阪府

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・大阪府

こちらの写真の様に割れて雨漏りを引き起こしてしまいます。

前述致しました通りに瓦の端部分の欠損となりますのでこの部位が軒天上である場合、屋根材が割れていても殆ど気付かないまま雨漏りは進行してしまうケースが御座います。

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・大阪府

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・大阪府

写真の様にここまで破損・腐食が進行してしまう場合も御座いますが、未だこの範囲でしたら修理可能で御座います。
現在はステンレス釘、ビス、線が主流副資材となっておりますからこの雨漏りの弊害は少なく成って行くと思われます。

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・兵庫県

鉄釘・亜鉛メッキ釘錆び膨張割れ雨漏り・兵庫県

修理して頂く際には錆膨張割れを引き起こさない緊結財を使用したいものですね。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3