屋根修理・技考察情報

上屋根と下屋根の強度が違う

本日は、雨漏り修理の応急処置と屋根診断をさせて頂いておりました。
写真の屋根は再度のシリコン工事を勧められていた屋根で、棟の改修工事の御依頼を頂きましたので着工までお待ち頂く間の簡易応急処置となります。耐用年数は簡易とはいえ、当店で3年の実績が残っています。

物損で壊れた屋根の応急処置も同じ工法を取らせて頂きました。

本日の本題に入ります。

この薄型スレートのひび割れは、塗装時に谷樋のハゼを踏んで発生したひび割れです。躯体が薄いため少しの段差でも割れる可能性があります。

上屋根と下屋根の強度が違いました。下記は現在まで雨漏りしていないという経過報告からの考察となります。

上屋根の野地板の具合が余り良くありません。乗ると軽く弾んで返って来る箇所が全面。大抵は日照時間、乾燥時間の遅れる北面にこの現象は出ますが、今回の場合は全面に出ております。

ところが、二階壁面の障害を受け日照時間も乾燥時間も更に遅れて痛み易いはずの下屋根の北面が何の問題もない強度を保てております。

これらが意図する事は、上屋根の垂木の幅(ピッチ)が下屋根の垂木ピッチより広いか、もしくは垂木の太さが違うであろうと推測致しました。天井裏には入れない構造ですので、上屋根の構造強化の見積もりを入れますが、工事の依頼を頂けましたら化粧を捲り、野地板の腐食が無いと判断した場合は構造強化の見積もりを省く、変則見積もりとなります。

予算を可能な限り抑え、雨漏りだけ打ち倒す、本葺き瓦屋根の改修工事も頑張っております。

【鈴木 大輔・広子】

投稿者の記事一覧

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

関連記事

  1. 観測史上初の雨が残した爪跡
  2. 塩害と砂状化
  3. 瓦屋根がズレなければならなかった理由
  4. 瓦屋根土葺きの重量はまちまち
  5. 肉眼で確認出来ないピンフォールの正体
  6. 古きよきガチャピンとミニラ ステンレス谷樋の電蝕を撮ってきました
  7. (屋根上)猫の尿害と亜鉛鉄板の腐食と
  8. 凍て割れ瓦・凍み割れ瓦って?

おすすめ記事

  1. 安心の屋根雨漏り修理12の秘訣
  2. 歴史が教えてくれる何故雨漏りするの?
  3. 屋根雨漏り修理 相場 費用
  4. スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策
  5. ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?
  6. ルーフィング(防水紙)を張り替えれば雨漏りは直る?
  7. 屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?
  8. 屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報

カテゴリー記事一覧

  1. 適正価格と正確な屋根調査が出来る理由
  2. 私達で直らない雨漏りはありません
  3. 頂きましたありがとうの御言葉
  4. 個人情報の保護に付きまして
  5. 施工可能エリア詳細
  6. 屋根工房きのした特定商取引法
  7. 屋根工房きのしたがお約束出来る事
  8. 屋根工房きのした対応可能業務内容
  9. 屋根工房きのした 鈴木大輔
PAGE TOP