2011年07月09日

強度倍増。村1番の紐漆喰!?

本日はHPを始める前の現場にて考案した 新型・紐漆喰についての考察記事です。降雪地域、旧家入母屋に昔からよく見かける、紐漆喰、察するに雪が最後まで残る壁際の葺き止りにおいて、雪が氷となって葺き止め熨斗と密着し溶け落ちる時に熨斗瓦もろともズラシて行くのを防止するために昔の職人さんの知恵でこの箇所に漆喰を入れ始めたものと予想。確証では在りません)

こんな感じ ↓

himosikkuisekoumaedesu

しかしながら、上記の意図とは相反して、圧倒的に葺き止め熨斗瓦の強度のほうが↑の屋根が殆んどです。 :lol:ハンマーでコンコンしたらすぐ取れてしまいます。この箇所の修理、まず紐漆喰全撤去

himosikkuizennbutorimasita

左に見えますコーキングガンいつ買ったのか記憶に残っていませんが、何故か、今販売中のガンより塗りやすく、丈夫です。それはさておき、手間暇掛けてもう一度紐漆喰入れるよりコーキングとGL鋼板で作った紐漆喰鋼板のほうが圧倒的に強いのではなかろうかと、画策した結果がこちら     ↓
kouhannhimosikkuikannseidesu

見た目を変える事無く強度倍増!!どんなアイスバーンにもびくともしません。手間隙は結構喰います。 😆