2018年05月30日

背割り腕木からの雨漏り

今回は
背割りの腕木からの雨漏りの事例のご紹介となります。

写真は出し桁で作られています庇です。
和風建築に豪華さを装うと共に軒が下がったり壁面を風雨からより守ったりする役割があります。

腕木が壁面方向に角度が付いていますので

材木を予め削り、経年による割れを防ぐ役割の背割りという箇所から雨水が入ると壁面内部に到達してしまいます。

腕木の下端にも水流痕が出来ていました。
あまり見ない工法ですので、必然的に雨漏するケースも少なく成ります。
穴を塞ぎ腕木下端に少し切り込みを入れれば雨漏りは直ります。

(^^;)