2016年09月29日

燐家取り合い仕舞い不備による雨漏り

燐家取り合い仕舞い不備による雨漏りの考察記事となります。
隣のお宅が屋根の葺き替え工事をした際発生しやすい雨漏りの事例となります。

写真の屋根は取り合い仕舞いに棟包み板金を施設しておりましたが強風圧で跡形も無くなっておりました。
緊結が甘い事と下地材木に横走りの雨水が干渉され過ぎていた事が原因の雨漏りとなります。

こちらの屋根も同様で御座いますが、薄型化粧スレートを貼り付けて終わりの仕舞いでしたので雨水が横走りした場合何の手立ても防御策も最初からない雨漏りの事例で御座いました。

こちらは燐家切り離しの際に出来た瓦のズレで御座います。せめて一列はビスないし釘で固定しておけば、この様な弊害は生まれなかった事例となります。

※長屋にお住まいの方の切り離しや葺き替え工事をされた時は取り合いの仕舞いが肝となりますのでしっかり緊結して頂く様に業者さんに一言入れておけば安心で御座います。