2014年12月06日

掻き落とし壁からの雨漏り

掻き落とし壁からの雨漏りの考察記事

掻き落としの壁(モルタルで仕上げてブラシで掻き仕上げている壁)

古くからある在来の工法ですが、たまに掻きすぎてセメントの防水性能が効いてない場合が御座います。また多くは経年劣化と見られますがクラックの処理を施した後、また目立ったクラックが無い場合など躯体自体が雨水を通している可能性が強い為に厄介な複合型の雨漏りとして私は認知しております。

CA3I0843

こちらの写真の掻き落としの壁は小波の鋼板の取り合いに水切りが無いものの小波を固定する部材が壁際に施設してありませんので書き落とし壁面の雨漏りと判断致します。また張り際の漏水量も広範囲に広がっている為足場施設からの塗装か壁面鋼板カバーの選択肢しかありません。

壁面のクラック(ひび割れ)だけで収まらない場合もありますので注意が必要です。