2014年11月30日

ケラバ破風板尻からの雨漏り

ケラバ破風板尻からの雨漏りの考察記事です。

CA3I0922

上記写真の木部がケラバ破風板と言います。
雨漏りしている箇所は写真の土がむき出しになっている部分。破風板の尻の部分です。

もともとこの箇所には熨斗瓦を積み上げておりましたが、破風板の水流がそれを削り取ってしまっております。
もし元々あった熨斗瓦がこの破風板の内部もう少し内側に入り込んでいた場合は、まだ雨漏りしなかったかもしれません。
また、水切りを施設していた場合は更に劣化の速度を遅れさせた事でしょう。

以下の写真は改善策です。

CA3I0757CA3I0760

 

 

 

 

 

 

 

 

左の写真の様に野地板にめり込んでいる破風板を切断し、右の写真の様に地瓦を追加致します。
これでどれだけ長尺の破風板からの水流も内部に雨水が干渉する事はありません。