9月24日皆様が本当に意味のあるメンテナンスを選択出来ます様にこのHPは作成されております。お役に立てましたら幸いで御座います。  

屋根漆喰工事の修理・補修、塗りすぎ警報・注意報

2011-10-08

御閲覧頂き有難うございます。タイトル通りの考察記事です。

まずはじめに、屋根の漆喰の塗りすぎは何故多く絶えないのでしょうか?
それはただ見た目だけの改善なら仕上げ易く工期の短縮を図る事が出来るからです。
棟の熨斗瓦垂れ付近まで、漆喰をたっぷり塗りますと塗りこぼしが殆ど出ないために、適正漆喰工事の2倍以上のスピードで仕上がります。
しっかりした調整をしながら漆喰工事を施工致しますと非常に手間がかかり、塗りこぼしていないかその都度熨斗瓦の裏側を覗きこまないといけません。

 

塗りすぎました漆喰はこちらの写真

nurisugitasikkuidesu

この大気中や雨中に混じる埃の付着や苔・黒カビで覆われた三日月の部分、これを面土漆喰と言いましてこの部分自体を漆喰や面土瓦で仕上げて行きます。汚れている面土漆喰の部分は雨を綺麗に捌けず、継続的に水分が廻っている証拠で御座います。

先ずは、この出過ぎた漆喰の撤去と一番この工事で大切な漆喰を撤去した後棟の土を削る作業が絶対必要です。

古い漆喰を撤去してもそのまま何の調整もせずまた同じように塗りますとまた同じ箇所、特に熨斗垂れからや台熨斗合端口から水が廻り切っている部位の改善は殆ど見込めません。

この様に漆喰だけでなく棟土も削って参ります。

desugitasikkuiwotekkyositeimasu

sikkuidakedenakumunetutimokezuriotositeimasu

では何故この作業が必要なのか御説明致します。

munemenndodesu

この様な日本瓦の棟は熨斗瓦と言われる長方形の瓦を何段かに積み上げて作られています。

ですので一段目熨斗瓦の継ぎ目が、雨の落ちる実際の箇所で、その上に積まれた熨斗瓦より絶対に中に塗っていなければ著しく瓦自体や棟の寿命を損傷してしまいます。

この調整を私は勝手に熨斗瓦一段目チリ奥調整と呼んでいます。

これを厳守しませんと、要するに1段目の熨斗瓦の水の落口の直ぐ下に漆喰を塗られていましたら必ず水が廻り、雨漏りの原因や、凍み割れの原因←こちらは殆ど間違いない私の考察、

凍て割れ瓦・凍み割れ瓦の考察記事はこちら→http://www.amamore.net/roof-construction/937/

屋根構造材腐食・鬼銅線劣化促進・棟熨斗瓦の蛇行水平化(耐震性劣化)埃・虫・苔の付着繁殖など列挙いたしますと6つの弊害が発生致します。

また上記写真の赤線部、水の落口にシリコンをぬりましても熨斗瓦の勾配(角度)によって、水量はちがいますが青線部分のちょうど裏側に雨水が走り、やはり漆喰の塗りすぎは上記の弊害を招きます。

それだけ棟瓦の漆喰は繊細かつ慎重に施工しませんと、台土を削って掃除して何も塗らない屋根の方がよっぽど高寿命を維持できると言うことなのです。
調整をシッカリ施し塗った漆喰は例え、ぐちゃぐちゃでも綺麗に仕上げた出過ぎた漆喰より屋根の為には良いという事です。

塗りすぎた漆喰のせいで凍て割れ・凍み割れてしまった瓦はこちら

sikkuinoseideitewaretayuuyakukawara

この部位からまだ雨漏りはしていませんでしたが、地域性・日照時間の差異で出来た凍て割れではなく、漆喰の塗りすぎで出来てしまった凍て割れです。漆喰の塗りすぎによって最後まで瓦の寿命をまっとう出来なかった写真です。

常に棟近辺が水分を含んだ状態ですのでこうなりますと余計な修理費用が必要なまさに人災で御座います。

御宅様の棟漆喰はちゃんと塗られているでしょうか?

棟の一次メンテナンスは非常に重要です。言わば瓦屋根の命と言っても過言ではありません。
値段だけで決めるのではなく棟漆喰の塗り替えは、最低限上記の知識と技術を持った実際に現場に従事する職人さんに施工してもらってください。(左官屋さんでも、屋根屋さんでもどちらでも良いでしょう。)下記は非常に沢山の御相談ケースです。

無考察漆喰工事をされる→棟から雨漏りする→葺き替えを勧められる→良く解らないけど葺き替える→?? となりません様に。

適正・不適正屋根漆喰工事

さらに詳しく御知りになりたい方はこちらから
屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

雨漏り修理費用(価格)についてお知りになりたい方はこちら→瓦屋根修理・雨漏り修理に必要な、適正費用と的確な診断

大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、で屋根瓦雨漏り修理でお困りの方は一度ご相談ください。
メールフォームからのお問い合わせはこちら↓
http://www.amamore.net/contact/(24時間受付中)お問い合わせに対するご返答は、必ず3日以内にしております。3日以上経っても返信がない場合はメール送信等トラブル他、お客様の迷惑メールボックスに返信が間違えてはいっている場合がございます。まずは迷惑メールボックスをご確認の上、誠に恐れ入りますが、月曜~金曜の8:00~17:00までに電話(06-6319ー5244)にご連絡くださいますようお願い申し上げます。 日祝日の休業日のお電話のお問い合わせは、お休みを頂戴しております。なにとぞご了承の程お願い申し上げます。

   トップページへ戻る↓
      http://www.amamore.net

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

手作りステンレスフード

獅子頭・六角・菊水・三味線胴・八艘・各種銅製鮟鱇・鬼板・打ち出し投げ板再制作も承っております。(当店施工動画)

建築板金(隅飾り)

建築板金(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(当店施工動画)

ラバー工事による雨漏り

地瓦谷部にコーキングを塗りますと雨漏りの原因となります。また、凍み・凍ての原因、結露による屋根構造材木腐食推進にもなります。(当店施工動画)

店舗情報

屋根工房きのした
〒5640039 
大阪府吹田市
清和園町9-16
営業時間
午前8時~午後5時
(日・祝日休業)
電話   06-6319-5244
FAX 06-7503-2115
作業に出掛けている場合職長の私の携帯に転送されます。
つながりにくい場合は
直通携帯番号
090-6752ー2822
(受付:午前8時~午後5時まで)にご連絡ください。

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。↓

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

シリコン入り南蛮漆喰

骨材の細かさとスサの多さが特徴(割れ難い耐水性)

キャラクター キャラクター

雨漏り修理記事検索

屋根雨漏り修理施工エリア

職長の経歴

屋根工房きのしたの特徴

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

Copyright © 2011-2016 雨漏り修理,瓦屋根修理専門店,大阪,京都,兵庫,奈良へ安心を. All Rights Reserved.