2014年08月30日

セアカゴケグモとセナアカンソノゴモレルカモ

CA3I0435

本日業務終了後に須磨公園で、御トイレを拝借しておりました。
最早限界まで、体力を消耗しておりましたので、うつむいて歩行中に・・いました
セアカゴケグモです。
外来種の毒蜘蛛で非常に危険で御座います。
同種の危険な物として挙げられるのが・・

セナアカンソノゴモレルカモです。

CA3I1002

(正式名称)は
せなあかん言われてやってしもうたんやけど。何で漏れたか解らんし、電話しても通じへんし、なんでなん?うちもう解らんかも

です・・・・。

電話は通じても保障年数超過とか・・施工も早いが、逃げ足も速い・・
割愛致します。

 

 

CA3I0679 割愛してません !!(笑)

 

その後の展開はどうなりますかと何時もの日常を明記いたしますと、

 

(施主さん)じーーっと私を見る

(私)よそ見して。う~んとか恰好付ける

(施主さん)じーーーーっと更に見つめる

(私)(施主さんの心情を察し)修理で行きますか!!ヒャヒャヒャ!

(施主さん) オホホホホ!

嫁(複合型ちゃうやろな?) 念押し

私(1000年早いわ!)

とかなんとか・・で御座います。

 

上記の事象は非常に危険ですので、双方とも踏み潰して参ります。
害の無い自然とは調和出来ると思いますが、無慈悲な自然現象その他に対しての温情など一切必要無しと私は考えております。
皆生きなければならないからで御座います。

※因みにセナアカンソノゴモレルカモとは、少し記憶は曖昧ですが、23の時に初対戦でしたので、かれこれ20年以上戦っております。当時はシリコンでは無くプチルやアクリル系だったと思います。