2020年12月31日

暮れを元気にご挨拶

皆様何時もありがとう御座います。
本年度も動画や記事に興味を持って頂きまして
誠にありがとうございました。
師走ですので元気にご挨拶をさせて頂こうと思います。

今年はなんと申しましてもコロナ禍。これに始まりこれに暮れようとしております。医療従事者の方の御苦労も、志半ばにして止められた自営の方にありましても、また、沢山の命が失われる事になりました事にも、憤りを覚える次第ではありますが善き事もコロナ禍により気付かせて頂きました。

医療従事者の方にありましては、人の人格を問わずに先ず直そう。まず回復してもらおう。絶対に崩れる事無き愛が前に立つ尊さを感じさせて頂きました。これによって、先の歩みで何かありましたとしても、この方の命を守ろうとされた方が居る。こちらを先に視れる様に成れると思います。常日ごろから留めるこの様な多面を用いる生業も、愛あってこそ働いて下さると益々持って刮目も易くなります。ありがとう御座いました。これを私事に早速と添わせますと、本年の真中に在り、頼みもせぬ軽い供養に憤慨していましたが、そこだけを視る自分に寄り添ってあげれると思います。間違っていてもそれだけでこの方は出来ていないのだと。

同じように
経済の連鎖をとても感じる事が出来ました。努力の量によって結果は不随してきますが、コロナ禍の中に在りましては全くその因果は働かないのです。理念も主義主張も私念も働かないこの様な状況は生まれて初めてでございましたが、ただ、逆に思考いたしますと、コロナ禍の前時代も努力や理念による成果であったことは本当はそれだけではなくて、皆様の人格や優しさや眼差しの複合物としての結果であったのだと確信するに至ります。経済も一面にて働いてはいないという事を本当に嬉しく感じさせて頂く本年で御座いました。

失われた命も志半ばに止められた生業も忘れた事はありませんし、これからも忘れません。未だ倒れずに膝も付きません。忘れずに膝を付かない事しかできません。私が膝を付く時は喜び溢れる時とそう決めて望み得ない時に持つ物が希望だと信じています。秤・裁きでなくどうか希望を持たせて下さいと祈る次第で御座います。

少し笑っていただけたらなと思いまして
先輩の職人さんと動画を作りました。よろしければ(笑)
動画を止めるといいますか、もう全部やった感の方があってるとおもいます。
ほんとうに観てくれてありがとうございました。嬉しかったです。😊


それではみなさま。
よいお年をお互いに迎えましょう。
m(__)m

\(^o^)/<お雑煮たべまくるぞぉ~🐘