2020年08月04日

足りなすぎる

この場を借りて御礼申し上げます。
皆様。何時もありがとう。そんな皆様に持って帰って欲しくてこれでも全霊を尽くして皆様の全霊を信じて書いてます。

そんな今日は
何故、永遠の日時が要るのかの考察です

何故神は人を救うのかの考察です。案外、見えなかったり、とらえ切れなかったりするでしょうか?しないかな?

率直に私の今の全霊でお伝えしますと

肉の時間では、足りないからです。
肉の時間内では許したり、認めたり、認め合ったりする時間が
人間には足りなすぎるからだと思っています。

ですから、神様の愛が成就する為にも
人の愛が成就する為にも

神様は永遠の命を与えたかった
キリストのによって、十字架によって
全ての前提を覆さねばならなかったという事だと思っています。

なので
今!!

交われなくても
たとえ裁いてしまっても
たとえ嫌いになったとしても

いいんです

いいけど、それだけで終わらないと思います。
いやね、むしろ終わらない方が双方の救いではないでしょうか?
どうでしょうか。

あなたが裁いた人は
あなたが裁いた人として終わってしまうのは
裁く意味があるのでしょうかという事ではないでしょうか

せっかく
懸命に裁いたのに
未来永劫あなたが裁いたその通りでは貴方が懸命に裁いた意味や価値は何処にあるのでしょうか?

少しは愛を持って
少しは期待を持って

あなたは裁いたのではないでしょうか?

神も同じです。

ですので今日はこちらの動画を鑑賞して下さい。

あ、文面とは全然関係ないです。w

ただ私が死ぬほど笑った動画のご紹介で御座います。www😊

人生は熱意です。

た、たぶん。。。(笑)