2020年03月18日

どんな時でも希望が皆様を包んでいます。

どんな時でも希望が皆様を包んでいます
どんな時でも希望が皆様を包んでいます

何時もありがとう御座います。
今回は(どんな時でも希望が皆様を包んでいます。)
この様なタイトルで、孤立した方でも、絶望の淵を進む方でも、見捨てられた方でも希望は何時も傍に居てくれます。
これをお伝えさせて頂こうと書いています。

20年程昔になりますが、僕が求めて学んだ教会は主に哀しみを癒す場所でありましたが、愛もありました。今回ご紹介する集会を主催する方は哀しみより希望を握りしめさせてくれる方のご紹介となります。もちろん愛を伝えておられます。

僕がこれからも文章でお伝えするよりも下記に埋め込んでいる動画を閲覧していただく方がより伝わると思いましたのでご紹介させて頂きました。

是非にとも、こちらの先生に大活躍して頂きたいと思っています。

少し難しい話になりますけど、僕の様な人間の祈りがこの先生をさらに強める訳でございます。また、個人的な賞賛を得る為の活動では無いから祈りが届くという事でもありますね。

昨今にありましては、TV、スマホ共に(罪、咎、憂い)ばかりを流す情報やニュースに溢れかえっております。

家庭不和や、あざ笑い、高低差、その様な物に死ぬまで人を捕えさせる。目に見える視聴率だけの問題じゃなくて、全然良い匂いのしない不安が土台の安心感。全く宜しくない思惑があります。愛とは程遠い、死ぬまで、誰かが足りないと・・・言い続けさせる思惑があります。

死ぬまでずっとですよ。 ???
子供達もそれを観て育って行き
また育てます。
それってどうなんでしょうか ???
もう変わらないのでしょうか。。。

この様に私は感じざるえません。

良い知らせを一つでも打ち消す事が大好きな存在も居るという事ですね。居すぎるという事でもあります。

ぜひ一度下記に埋め込んでいます動画を御閲覧下さい。
考学にもなり、とても面白くて、きっと熱心に学び貫かれて来た先生であると感じ取って貰えると思います。

皆様にとって持続可能な希望になれましたら素晴らしく思い。これが希望にはとても大切でその領域に居てこそ継続できると私は感じている次第であります。

読んで頂きまして、ありがとう御座いました。💑