2017年12月25日

誘いの手

母の胎の中に居る時
美しい人に出会った時
慟哭する言葉に出会った時
感動する景色を目にした時
珠の様な我が子に出会った時
望み得ない所から望みを得た時

確かに私はこれらに愛された。
愛を貰った。

しかし誘いの手は一日とて休む事無く、私に問い掛ける
これを見なさい。あなたは本当に愛されていたのですか?。。と

すまないが、私の愛は点だけで推し量れない
頂いた愛は全て線で繋がった強固な物である。
故、一瞬の忘却に飲まれたくない。
いや、ここは練達。

本当に申し訳ないが、退ける。
より多くの線で出来た強固な愛を束ねたいし
誘いの手からより多くを守りたいからだ。
決して膝は付かない。

※誘いの手は、くどいようですけど人称ではありません。
(^^)
メリークリスマス!