時系列

本日も、肉体労働者の私は、雨漏り診断を夕方させて頂いておりました。

施主さん情報が少し乏しく、生きている部材と死んだ部材との選別から始まります。

何分、漏水箇所があまりにも多く、建物自体の所有者が変われば、そこで情報も途切れるという事。

雨漏りは意地でも御直しする事は当たりまえなんですが、余計な過剰施工をどこまで抑えられるかが、今回のカギとなります。

ここで生きて来るのは常日頃余計な屋根診断をしている目と考察

移動中であれ、現場に従事している時であれ、上から下から建物を見倒して目を肥やしていく事が重要です。

そうして、現状、より解に近い数字と提案を成して行けるわけです。

そうそう、そういう事です。

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。