よくかんで・よくたべる

本日は、S型の屋根漆喰工事をさせて頂いておりました。

屋根の棟端っこの瓦は、スッポンではなく、何故かカッポンで問屋さんに話が通ります。

ココは、鏝(鶴首)が届かず、外してからイチコロで仕上げますが、

漆喰重ね塗りによる以前の損傷がひどすぎて、なんばんをかましたあとのニコロで直します。

イチコロ仕上げとは?→台土を盛った後、棟を積む前に漆喰を先に塗って棟瓦を積み、面土が、妊婦さんのおなかの様に膨れて、熨斗瓦の垂れからの水流と帰り雨によって面土のちょうど真ん中が一番先に痛む、予算ギリギリの昔の屋根屋さんが丸投げ建設の豪邸建設の為に、仕方なくした工法です。

そうでないかもしれません。(熨斗を割らずに台を積む場合など)

午後から・・ダラダラ雨が降り、背中に雨を受けつつ、二度抑え完了。

欲噛んで、欲食べる・・私は消化が良い方では御座いませんが、さっさと食事は済ませる方です。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。