自主治療

本日大阪は午前中は雨模様、

今年5日から走り続けてきましたが、右臀部にいやな引きつり感がありましたので、この日を利用して近くの温泉で自主治療しておりました。これを放っておくと一歩もあるけなくなる、動くたびに激痛が走る職業病にやられます。過去2回やられておりますので、対策は万全。

屋根屋は腰の疲労ではなく、殆ど足と臀部の蓄積疲労で腰を痛めますので、早め早めのメンテナンスは絶対必要です。例え晴れた日であったとしても、下半身を休める事は必要不可欠ですから、堂々と体のメンテナンスは致します。人は電気をつなげば動くロボットではありませんからね。

自主治療から帰り、一件の雨漏り診断をさせて頂きました。

陸屋根とパラペットからの漏水診断です。亜鉛メッキ小波内壁と及び笠木鋼板と床の防水と勾配、外壁水切りと地瓦被せと風害欠損とを、全て加味された複合型の雨漏り診断です。午前からの雨も相まって、漏水の始点が無数にありこれら全て抑えないと再漏水は必至という屋根でした。

こちらは、ロボット以上の考察力が必要であります。

明日からの工事は、下半身に違和感が消えるまでソロソロ、カサコソと動く予定です。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。